2015年6月10日 (水)

石川啄木伝 東京編 370 (掲載終了のご挨拶)

 「一年間の回顧」とこの「巻煙草」とを合わせて載せた「スバル」新年号の「消息欄」...

» 続きを読む

2015年6月 8日 (月)

石川啄木伝 東京編 369

 我々の理性は、此の近代生活の病処を研究し、解剖し、分析し、而して其病原をたづね...

» 続きを読む

2015年6月 6日 (土)

石川啄木伝 東京編 368 

 最後(8つ目)の段落は浪漫主義を論じるところから始まる。最初の上京(02年10...

» 続きを読む

2015年6月 4日 (木)

石川啄木伝 東京編 267

 「感情の清新といふ事だけから言」うだけにしても、水野葉舟より劣るとは、荷風もず...

» 続きを読む

2015年6月 2日 (火)

石川啄木伝 東京編 366

 翌日夜ふたたび「スバル」に寄せるための評論「巻煙草」を書く。まず「四十二年の文...

» 続きを読む

2015年5月30日 (土)

石川啄木伝 東京編 365

 これらの自然主義評価において、啄木にはめずらしいほどの錯誤をおかしている。しか...

» 続きを読む

2015年5月28日 (木)

石川啄木伝 東京編 364

 以後自然主義は前記の「観照と実行(あるいは実行と芸術)」論争の中で支離滅裂とな...

» 続きを読む

2015年5月26日 (火)

石川啄木伝 東京編 363

 加藤周一のつぎのような指摘は日本の自然主義の本質を突いている。   ……ゾラの...

» 続きを読む

2015年5月24日 (日)

石川啄木伝 東京編 362

 さて、自然主義が「出歯亀主義」なる別名をいただくほどになると、世間の自然主義バ...

» 続きを読む

2015年5月22日 (金)

石川啄木伝 東京編 361

 自然主義の標語の奥には「自己告白の要求」「自己凝視の姿勢」があり、それらは啄木...

» 続きを読む

«石川啄木伝 東京編 360