« 怒る時  その1 | トップページ | いつも逢ふ電車の中の小男の »

2009年4月29日 (水)

怒る時   その2

1912年(明45)1月啄木は不治の病の末期にありました。一家の貧窮を少しでも緩和しようと、原稿料をもらい「学生」という雑誌に文章を書きました。それが4編からなるエッセー「病室より」です。ここに引用するのはその中の最後の1編「破壊」の後半です。啄木が読者を想定して書いたつまり活字にするつもりで書いた最後の文章の最後の部分です。

「破壊」の前半はこうです。犬に追われた猫が啄木の家に逃げ帰り、台所の棚に飛び乗って皿や鉢を落とし、すさまじい音をたてます。その音におどろき緊張した自分の感想を記します。

続きが以下に引いた部分です。まず啄木自身の「破壊の快感」の例をご覧下さい。ついで「破壊の快感」から連想していった啄木の内面をお読みください。「九百九十九割りて死なまし」とうたった1908年(明41)から3年半後、啄木は垂死の床にありながら社会変革の必要を信じる思想家になっていました。しかも病魔に冒され、無念、どうしようもない窮状。その人の内面です。

すると、不図(ふと)、先刻のやうな音をもう一度聞きたいといふ願ひが私の心に湧いて来た。物を壊す音の快さ、物を壊す心持の快さといふ事が、何日も何日も降りつづいた後の日光のやうな新鮮を以て頭脳の中に沁み渡つた。三つも四つもの例が直ぐと思ひ合された。その中でも、殊にもう七八年も前に、まだ栓を抜かない麦酒の壜を縁側から庭石に叩きつけた時の事が、はつきりと思ひ出された。麦酒は不意に加へられた強大な圧力の為めに爆発して、ドンともダンとも聞き分け難い、強く短い音響と共に、庭一面をサツト白く見せて散つた。さうしてその後からシユウといふ泡の消える爽かな音が立つた。その時ほどの爽快を私はその後感じた事があるだらうか?

 破壊! 破壊! かう私は、これから雪合戦でも始めやうといふ少年のやうな気持になつて、心の中で叫んだ。

 しかし、何分かの後には、私は起しに来る妻や子にもろくろく返事さへせずに、仰向に寝たまま、唇を結び、眼球の痛くなるほど強く上眼をつかつて、いつもの苦しい闘ひを頭脳の中で闘はせてゐなければならなかつた。破壊! 自分の周囲の一切の因襲と習慣との破壊! 私がこれを企ててからもう何年になるだらう。全く何も彼も破壊して、自分自身の新しい生活を始めよう! この決心を私はもう何度繰返しただらうか。しかし、藻掻(もが)けば藻掻くほど、足掻(あが)けば足掻くほど、私の足は次第々々に深く泥の中に入つたのだつた。さうして今では、もう兎(と)ても浮み上る事が出来ないと自分でも思ふほど、深く深くその中に沈んでしまつたのだつた。それでゐて、私はまだ自分の爽快な企てを全く思ひ切る事も出来ずにゐるのだつた。

 たうとう私は、他の一切のものを破壊する代りに、病み衰へた自分の躯をひと思ひに破壊する事にまで考へ及んだ。私の苦しい考へ事はいつでも其処へ来て結末になる。私はいつもの通りの浮かぬ顔をして、もぞくさと床を這ひ出した。

                    (明治四十五年一月十九日稿)

« 怒る時  その1 | トップページ | いつも逢ふ電車の中の小男の »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/44829023

この記事へのトラックバック一覧です: 怒る時   その2:

« 怒る時  その1 | トップページ | いつも逢ふ電車の中の小男の »