« 路傍の切石の上に  その1 | トップページ | 何やらむ »

2009年10月27日 (火)

路傍の切石の上に  その2

     路傍の切石の上に  その2

銀座の切石の鋪道の脇に立ち止まり、人の行き過ぎるのをよそに、腕を拱んで空を見上げている男があった、いうのでしょう。

ところで今読んでいるのは「我を愛する歌」という章です。この章では11ページの「わが泣くを少女等きかば」以下の全ての歌は啄木自身の「心の姿」をうたっているはずなのです。

と言うことはこの「男」は啄木自身であり、歌は啄木の自画像(啄木の心の姿の1つ)と理会すべきことになります。作歌時の啄木の心を探ってみる必要が出てきます。

「学生」1910年(明43)6月号に載った歌ですから、作歌は5月でしょう。そのときのかれは深い思想上の悩みにさいなまれていました(本ブログ「かなしきは/飽くなき」その1とその2をもう一度お読みください)。この歌の「男」=啄木はおそらくその同じ悩みをもてあまし、出勤時か退社時の銀座の鋪道の上に立ち止まってしまったのでしょう。そして腕を拱んで空を見上げてしまったのでしょう。

<解釈>銀座の敷石の歩道の脇で、通り過ぎる人々をよそに、腕を腕を拱んで空を見上げている男があった。その男はつきまとう「利己の一念」をもてあまして思い悩むわたし自身であった。

学生時代食費がなくて昼飯が食えず、下宿を出てアスファルトの道に目を落としてほっつき歩いていた時のことを今ふっと思い出しました。あちこちの電柱には「ご皇孫(現皇太子)ご誕生」のビラが貼ってある日でした。突然質屋の前に出て、「そうだ、このオーバーがある!」と気づき質屋ののれんを分けました。そのコートを質草に昼飯にありつきました。空を見上げるどころか、腕を拱むどころか、思想上の悩みを悩むどころか、ただひもじくて歩いていたのですが、この歌を解釈しているうちに、なんだかその日を思い出しました。

<付記>木股知史氏がすでに、「切石」は「敷石」であること、歌は「街歩きの歌」であることを読み取っておられ、また「街で放心を感じる自己像をとらえたとすることもできる」との解釈を示しておられます。木股知史注釈「一握の砂」(『和歌文学大系 77』〈明治書院、2004年〉)37ページ。

« 路傍の切石の上に  その1 | トップページ | 何やらむ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/46595411

この記事へのトラックバック一覧です: 路傍の切石の上に  その2:

« 路傍の切石の上に  その1 | トップページ | 何やらむ »