« かなしきは(喉の) | トップページ | 我に似し友の二人よ »

2009年11月28日 (土)

一度でも我に頭を下げさせし

     一度でも我に頭を下げさせし

     人みな死ねと

     いのりてしこと

<語意>いのりてし=祈っちゃった(てし=完了の助動詞「つ」の連用形+過去の助動詞「き」の連体形)。

初出『一握の砂』。したがって作歌は1910年(明43)10月4日~16日。

「頭を下げさせし人」には、感謝や哀悼の意を表してあるいは日常の挨拶などで、頭を下げた相手はまったく含まれません。なんらかの力を背景に啄木に頭を下げざるを得なくした人、つまり屈辱を強いた人たちが含まれます。

日記を読み返して歌を作っている内に過去の自分の切ない記憶をよみがえらせたのでしょう。まさに掲出歌の内容を。

見開きのここまで3首は、飢え→飢え→寒さと来ましたから、4首目である掲出歌も飢えや寒さと関わる歌ととるべきでしょう。

啄木に「頭を下げ」させた人たちとしてまず浮かぶのは、いくつかの下宿の主人たち。たとえば第一次上京中(1902年11月~03年2月)の03年1月半ばに厳寒の東京市中に着の身着のままで追い出した女主人。そこまで追い込まれるまでに相当の屈辱を強いられたことでしょう。

第二次上京時(1904年11月~05年5月)もほとんど借金と寄食で過ごしたのですから、いくら天才主義を貫徹したとしても、屈辱的なこともいろいろあったでしょう。

最後の上京(1908年4月末)以後も下宿赤心館、蓋平館で下宿料滞納を責められ死ぬほど苦しんだのは、われわれのすでに何度も見ているところ。

借金でも苦しめられたかと思い、例の借金メモを検討してみると、啄木に「頭を下げ」させたと推測しうる人はほとんどいません。いい人たちがほんとうに多い。

啄木はいつの時点でか、「一度でも我に頭を下げさせし人」たちを思い出し、押し寄せてくるような数々の屈辱の記憶に苛まれつつ、「あいつらみんな死んじまえ」と念じたのでしょう(神仏を信じない啄木には祈りを捧げる対象がない)。

<解釈>飢えや寒さの恐怖をちらつかせて、一度でもおれに頭を下げさせたやつら、みんな死んじまえ! と念じちゃったこと(があったな)。

« かなしきは(喉の) | トップページ | 我に似し友の二人よ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。啄木を追いかけて貴HPに辿り着きました。「ふるさとのかの路傍のすて石よ今年も草に埋もれしらむ」という歌について調べています。実はご教授いただきたいことがあり、ブログのコメントでは失礼かと思いましたが、書かせていただきました。もしよろしければご連絡いただけないでしょうか。当方高校の教員。授業として扱う予定です。

 近藤先生、お忙しい中での北海道への旅、大変お疲れ様でした。この北海道での短いご滞在が先生の新たな啄木研究へのご発展へと繋がれますことを心より祈念させて頂きます。
 いつか先生の「石川啄木が現代の若者に問いかけるもの]のご講演を実現させて頂きたいと強く願っています。
 啄木が好きだった父の歌一首
 「吾子呼べば我をめがけて駆け出しぬ ぬかるみの路転ぶばかりに」  戦争が終わっても東京に帰れない子供達に、福島県の田舎までリュックを背負って会いに来た父でした。子供達はミツウマの長靴でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/46863730

この記事へのトラックバック一覧です: 一度でも我に頭を下げさせし:

« かなしきは(喉の) | トップページ | 我に似し友の二人よ »