« 誰が見てもとりどころなき男来て | トップページ | 何もかも行末の事みゆるごとき  その1 »

2009年12月31日 (木)

はたらけど

     

     はたらけど

     はたらけど猶わが生活楽にならざり

     ぢつと手を見る

<ルビ>猶=なほ。生活=くらし。作歌は1910年(明43)7月26日。初出は東京朝日新聞同年8月4日。

持てあましていた「利己の一念を」吹き飛ばしたのが、大逆事件発覚(5月31日)の報(啄木が知ったのはおそらく6月2日)だったことは、ブログ「かなしきは(飽くなき)」ですでに見ましたが、間もなく啄木は幸徳秋水と大逆事件の思想的背景を知るべく社会主義・無政府主義の研究を始めます。そして研究に一区切りついたところで、掲出歌を作ります。

わたくしは2009年9月1日の「しんぶん 赤旗」に「石川啄木とプレカリアート*」と題する文章を寄稿しました。(*プレカリアート:1990年代以後に急増した不安定な雇用・労働状況における非正規雇用労働者や失業者の総称。)そのほぼ全文を以下に引きます。

20世紀初め、今から100年前の1910年(明治43)7月15日啄木はつぎの3首をつくり、歌稿ノートに書きつけた(いずれも『一握の砂』未収録)。

  夏の町かしらあらはに過ぎ去れるあとなし人をふりかへる哉

  垢づける首うち低れて道ばたの石に腰かけし男もあるかな

  かゝること喜ぶべきか泣くべきか貧しき人の上のみ思ふ 

1首目と2首目は今で言う「ホームレス」をうたっている。啄木は同情に満ちた目でかれらを見ている。

3首目の「貧しき人」はホームレスの人たちだけを指すのではない。啄木はこれらの歌を作るまでの約1ヵ月間集中的に社会主義・無政府主義を研究した。5月末に発覚した大逆事件によって衝撃を受けたからだ。かれの思想家としての天才はわずか1ヵ月の研究でマルクス・エンゲルスの社会主義を選びとった。

かれが読んだ「共産党宣言」「科学的社会主義(空想から科学へ)」では資本主義が必然的に生み出す巨大な貧困の問題も論じられている。

さらに啄木がもっとも影響を受けた日本の思想家・幸徳秋水は『平民主義』の中でこう述べている。漢文調でむずかしいかも知れないが、内容は現代日本のプレカリアートを論じているとしか思えないほど今日的である。

労働すといへども質朴なる者は困す、不徳の人にあらざるも業(職業)を得ること難くして飢餓す、罪悪の行ひ有るに非ざるも職を失ふて流離す、かくの如くんば社会を組織し国家を形成するゆゑん(ゆゑんく)の効果いづくに在るや……我等多数の平民は唯だ職業を要求す、唯だ生活の権利を回復せんことを要求す。

啄木はマルクスやエンゲルスや秋水の説を踏まえて3首目の歌を作ったのである。したがって有名なつぎの歌も決して自分一人のことをうたっているのではない。自分の生活実感を通して幾百千万の働く人々の生活実感と重ねてうたったのだ。

 はたらけど/はたらけど猶わが生活楽にならざり/ぢつと手を見る

100年後の今日、啄木の歌の思想を踏まえ、1700万人とも言われるプレカリアートの怒り・悲しみを満身に体し国会で代表質問した人は誰か、その人の名は記すまでもあるまい。(注:「その人」は共産党の志位和夫委員長。)

啄木がプレカリアートの明日に向けて呼びかけるとしたら、どんな言葉を発するだろう。

<解釈>週6日の出勤、その上3日に1度は夜勤、その他に二葉亭全集の校訂・編集、その他に(小説、評論、短歌などの)原稿書き、こうして働いてもそして働いても、わたしと家族の生活は楽にならない。家族が5人であること、返済中の借金があることなど、自分には特殊な事情もある。それにしてもこの「楽にならなさ」はどうだ。そう思って給料を稼ぎ出すわが手をじっと見つめていると、マルクス・幸徳らの説いているのが思い起こされる。貧乏は資本家的生産の社会で働く人々に共通の大問題なのだ、と。

これも「見えすぎるかなしみ」の歌に分類できるでしょう。

<参考文献>河上肇『貧乏物語』(岩波文庫)。山本茂実『ああ、野麦峠』(朝日文庫)。近藤典彦『啄木短歌に時代を読む』(吉川弘文館)。

« 誰が見てもとりどころなき男来て | トップページ | 何もかも行末の事みゆるごとき  その1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/47151617

この記事へのトラックバック一覧です: はたらけど:

« 誰が見てもとりどころなき男来て | トップページ | 何もかも行末の事みゆるごとき  その1 »