« ある朝のかなしき夢のさめぎはに | トップページ | こつこつと空地に石をきざむ音  その2 »

2010年1月31日 (日)

こつこつと空地に石をきざむ音  その1

     

     こつこつと空地に石をきざむ音

     耳につき来ぬ

     家に入るまで

<語意>耳につく=物音や声などが気になる。

作歌1910年(明43)10月13日。初出「精神修養」10年12月号。

「石をきざむ音」石工(いしく)がせっとう(石頭)とたがね(鏨)を用いて石材を刻む音。

「耳につき来ぬ」音が聞こえ始めてからずっとそれが気になって歩いて来た。

<解釈>帰宅の途中、コツコツと空き地で石を刻む音が気になった。家に入るまでずっと気にして歩いて来た。

啄木は神経過敏になっているようです。実は10月13日に作った歌にはこういう傾向を示す歌がいくつかあります。

「どんよりと その2」でも書きましたが、13日というのは次のような日です。10月4日から12日までの間に240首もの秀歌を作ってきれいに編集し『一握の砂』はほぼできあがっていたはずなのに、13日になってまたしても26首も作り『一握の砂』の原稿を再編集したのです。うち16首を「我を愛する歌」に、1首を「忘れがたき人人」に、3首を「手套を脱ぐ時」に編集します。わざわざ26首を作ったのは「我を愛する歌」の章を充実させるためでした。

自分の最新の歌(内容的にも技巧的にも)を作ってそのうち16首を10カ所の見開きにちりばめました。今見ている56-57ページの見開きもその1つです。2、3、4首が10月13日作です。

掲出歌と似た傾向を感じさせる歌を歌稿ノートの26首から引いてみましょう。既に論じたものも入れます。

  けものめく顔あり口をあけたてすとのみ見てゐぬ人のかたるを

  どんよりとくもれる空を見てゐしに人を殺したくなりにけるかな

  何がなしに頭の中に崖ありて日毎に土のくづるる如し

  遠方に電話の鈴のなる如く今日も耳鳴るかなしき日かな

  たんたらたらたんたらたらと雨滴がいたむ頭にひびくかなしさ 

  人みなが家を持つてふかなしみよ墓に入るごとくかへりて眠る

以下次回。

« ある朝のかなしき夢のさめぎはに | トップページ | こつこつと空地に石をきざむ音  その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/47419881

この記事へのトラックバック一覧です: こつこつと空地に石をきざむ音  その1:

« ある朝のかなしき夢のさめぎはに | トップページ | こつこつと空地に石をきざむ音  その2 »