« 一隊の兵を見送りて  その3 | トップページ | 邦人の顔たへがたく卑しげに  その2 »

2010年2月28日 (日)

邦人の顔たへがたく卑しげに  その1

     

     邦人の顔たへがたく卑しげに

     目にうつる日なり

     家にこもらむ

<ルビ>邦人=くにびと。

<語意>邦人=日本人。

初出「スバル」1910年(明43)11月号。同年10月4日~16日の作ということになります。

どうして「邦人(=日本人)」の顔が「たへがたく卑しげに」見えるのか。

何10年間にわたってわたくしの判断はブレませんでした。まして作歌の時期を考えるとますます確かと思われました。啄木は大逆事件に無関心な大多数の日本人にがまんがならなかった、顔も見たくないという気分になる日もあった、と理解していたのです。

しかしここで評釈をするにあたって動揺が起きてます。小著『啄木短歌に時代を読む』(174~175ページ)の叙述を思い出したのです。今年は韓国併合100年の年です。1910年(明43)8月22日「韓国併合に関する条約」が調印され、29日「韓国併合に関する宣言」が発表され、韓国は無残にも完全に日本の植民地とされます。この時の日本人の反応についてわたくしは以下のように書きました。

三〇日の『東京朝日新聞』の第二面と三面についてはさきにふれましたが、今度は同じ日の一面を見てみましょう。トップ三段抜きの丸善の広告は二冊の朝鮮語関係図書に関するもので、ここに引くのは八行からなる広告文のはじめの三行半です。

朝鮮に行け、朝鮮に行け、朝鮮は最早外国に非ざる也、末拓の美田、未知の天産、到る処に埋もれたる国富は有為なる日本人諸君の来(きた)るを待てり、朝鮮は閉ざされたる宝庫也、今や此宝庫の富は諸君に提供せられて諸君の腕次第割取(かっしゅ)するに任す……」

これが一書店の広告です。もう一つ同じ日の第七面にゼム(口中清涼剤)の広告があります。二段抜きの大きなものです。

二千年来の懸案解決して喜ぶべし 今や日韓合併! 提灯行列==祝賀会大いに騒いで大いに飲みこの慶事を記念せよ ナンボ飲んでも食っても『ゼム』さえあれば大丈夫

この二つのえげつない、品のない広告によって当時の日本の雰囲気は推して知るべし。

以上の叙述を読み返すと、わたくし自身にも韓国併合時の「邦人の顔」が「たへがたく卑しげに」見えてきます。

以下次回。

« 一隊の兵を見送りて  その3 | トップページ | 邦人の顔たへがたく卑しげに  その2 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

有難う。大変なご指摘ですね。私も、あの兵隊の歌と、この卑しげな顔の歌は何を問題として捉えているのか先日の講演会でお聞きしたかったのです。予想以上の中身でした。

近藤先生 身を削るような連日のご研究本当にご苦労様です。先生のご研究は、ことによると、これほどの日本人が、あの時代に、この国に居たのかとの、民族の誇りを取り戻すきっかけにもなりうるご研究だと思います。ご自愛をお願いいたします。この研究は他の誰も出来ないものです。ただひたすら先生の研鑽の成果をお待ちすることしか私達にはできないのですから。
 「幾代経て今に繋がるこの生命 われも合わせん大和の歌に](万葉集を読みて歌える)心意気だけです。尚男旧作。

上野様・安達様 コメントありがとうございます。どんなに大きな励ましとなっていることか!感謝言葉に尽くせません。
今朝も(6日3:45ころ)目が覚め、寝床で掲出歌のことを考えているうちに頭が冴えてしまいました。そこで5時過ぎに起き出し、この歌についてこれから考えるところです。どうやら啄木は韓国併合を契機に、nationalistからinternationalistに飛躍して行ったようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/47661668

この記事へのトラックバック一覧です: 邦人の顔たへがたく卑しげに  その1:

« 一隊の兵を見送りて  その3 | トップページ | 邦人の顔たへがたく卑しげに  その2 »