« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »

2010年4月

2010年4月28日 (水)

邦人の顔たへがたく卑しげに(付記)

     

   邦人の顔たへがたく卑しげに(付記)

4月25日のしんぶん赤旗にエッセー「啄木は龍馬の四代目」が載りました。

そのエッセーの最後の方にこう書きました。

ところで最近大江健三郎さんがこう語りかけられた。「私は、いま現在の困難な時代を生きている若い人たちに、加藤(周一)さんのほとんど最後のお仕事となったNHKのインタヴュー番組で石川啄木を強く押し出されたことをいいたいと思います」と。そして氏はこう結ばれる。「『蟹工船』を熱中して読んだ若い人たちに、続けて啄木を読んでいただきたいとねがいます。」
啄木を読もうとする若い人たちにまず歌集『一握の砂』をお勧めしたい。困難な時代を生きる青年のあらゆる心の姿がそこにある。朝日文庫版『一握の砂』は啄木の全編集意図を再現し最新の解説を加えてある。
つぎに評論「時代閉塞の現状」を勧めたい。青年に強権との闘いを呼びかけた希代の名文である。だが解説がないと分かりにくい。グーグルの検索エンジンに私の姓名を入れると、「石川啄木著『一握の砂』を読む」が出てくる。それを開いて「石川啄木韓国併合批判の歌」にリンクすると、その文中で「時代閉塞の現状」の主旨と解説が読める。これを手引きとして欲しい。

非常に大きな反響がありました。わたくしのHP「石川啄木著『一握の砂』を読む」は日ごろ訪問者が少なく、常に10人未満でしたのに、新聞掲載当日は230人、26日は120人、27日は54人の訪問者がありました。赤旗編集局に感謝!

石川啄木を知るには『一握の砂』とともに評論「時代閉塞の現状」は必読ですが、これは、大逆事件後の「真っ黒な反動の嵐」(荒畑寒村)の中で当の政府権力との闘いを呼びかけた文章ですから、書いた自分が逮捕拘禁されないように、載せてくれた新聞が発禁にならないように、非常に神経を使っています。つまり当局が筆者の言い分を読み取れないように書くわけです。したがって読者も読み解くのが大変です。

そう言う文章を書くのに啄木が煙幕に利用したのが魚住折蘆という青年論客の自然主義論でした。「石川啄木韓国併合批判の歌」の中にわたくしが書いた「時代閉塞の現状」の梗概と解説は自然主義関係をほとんど抜いてあります。

これも入れてもう少し詳しく「時代閉塞の現状」を知りたい方は小著『『一握の砂』の研究』(おうふう)の203ページ~をご覧下さい。先行評論「所謂今度の事」の解読から始まって「時代閉塞の現状」の解読、つづいて『一握の砂』の編集過程の分析へと、叙述は展開しています。

小著『『一握の砂』の研究』は出版社に少しありますが、定価が6800円と高いので、図書館で閲覧されるなどしてください。

「時代閉塞の現状」を書いたのが1910年9月上旬、10月4日には『一握の砂』の編集にとりかかりますから、ふたつは内的に深いつながりがあります。わかりやすい『一握の砂』とわかりにくい「時代閉塞の現状」とは、奥深さ、内容の限りない豊かさ、問題提起の新鮮さ等々の点で、実は同じなのです。

2010年4月23日 (金)

邦人の顔たへがたく卑しげに(結論)

     邦人の顔たへがたく卑しげに(結論)

掲出歌にようやく結論がでました。わたくしのHPに論文「石川啄木の韓国併合批判の歌」の決定稿を載せました。マイリスト欄から入ってお読みください。

400字詰原稿紙換算約100枚の大きな論文になりました。新しい4首を発見するためには必要な手続きでした。それでもまだ「補論 石川啄木と伊藤博文――独自のナショナリズムの形成――(仮題)」が残りました。机下にはそのための資料たちがこちらを見上げています。こちらもやってしまおうか、元の生活にもどろうか迷っています。

元の生活と言っても、「石川啄木伝」執筆が本来の生活。ブログはそこから派生した難事業。その他にも『一握の砂』関係で1冊出す話もあり、2010年は仕事が鈍いくせに多忙な年となりそうです。

4月25日の赤旗本紙にわたくしのエッセー「啄木は龍馬の四代目」(約1200字)が載ります。お手近に赤旗がある方はご笑覧ください。

2010年4月 6日 (火)

邦人の顔たへがたく卑しげに(研究の中間報告)

     邦人の顔たへがたく卑しげに(研究の中間報告)

3月9日に「邦人の顔たへがたく卑しげに(中断のお知らせ)」を出してからすでに1ヵ月近く経ちました。時間の許す限り論文「石川啄木の韓国併合批判の歌 5首」を書いています。9割方できました。しかし雑用も多く、すぐに仕上げる時間はありません。そこでとりあえず原稿(書いたところまで)を発表させていただくことにしました。

この論文は「時代閉塞の現状」(一)の要約のところで中断しています。これから(一)の要約を推敲し、さらに(二)~(五)を要約します。そしていよいよ9月9日の歌の分析にかかるのですが、最大の難関はこの時点での啄木の伊藤博文観の考察です。丸山真男、橋川文三、竹内好等を読み返しつつ、啄木のナショナリズムの変化を追跡しています。

このたび発表した原稿は今後内容を大幅に削除することもあり得ます。またどのくらい付け加わることになるかも未定です。地図についても説明なしに入れたままにしてあります。1ヵ月も休載したお詫びに、未定稿を敢えて発表した次第です。

「邦人の顔たへがたく卑しげに」は上記5首のうちの1首です。のこり4首はどれだと思いますか。9月9日の歌39首の中にあります。クイズだと思って、謎解きに挑戦されるのも一興かと存じます。

ブログ右横の欄にある、マイリストの「石川啄木著『一握の砂』を読む 近藤典彦」をクリックしてください。そのサイトのトップページに論文への入口があります。

ながい中断のお詫びまでに。    

                    桜満開の4月6日記

« 2010年3月 | トップページ | 2010年5月 »