« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

ぢつとして

     

     ぢつとして

     黒はた赤のインク吸ひ

     堅くかわける海綿を見る

<ことば>海綿=「しつとりと/水を吸ひたる海綿の/重さに似たる心地おぼゆる」(37ページ左)のブログ参照。

初出東京毎日新聞1910年(明43)6月18日。

「しつとりと」の歌の「海綿」は風呂で用いる洗浄用スポンジと想定した。この歌の場合は文房具である。100年前の海綿を入れる器はガラス器か陶磁器か。ともかくそれにスポンジを入れ、水を含ませる。啄木はこれをインクを拭うのに用いたようである。

啄木が家で常備したインクは黒インクと赤インクであった。原稿書きなどには黒インクを常用し、赤インクは詩のタイトル(例:呼子と口笛)や記号(例:暇ナ時の△印)に用いている。赤インクのもっとも特徴的な使用法は「九月九日夜」の歌の場合のように、新しく何かを書き出そうとする時に、インクの色を変える傾向がある(「石川啄木韓国併合批判の歌 5首」参照)。

明治四十四年当用日記の2月4日(腹膜炎で大学病院に入院した日)の条は次の1行から始まっている。

今日以後、病院生活の日記を赤いインキで書いておく。

「九月九日夜」の歌の場合と同様の赤インクの使い方である。

掲出歌を作ったのは10年6月18日より少し前と考えられるから、啄木最後の最高の小説「我等の一団と彼」執筆中であった。その前後に啄木の思想は幸徳秋水の諸著に触れて大飛躍を遂げて行くのである。

啄木はインクの色を変えるときに、水を含んだスポンジでペン先の現使用中のインクを拭きとって、別のインクをつけたらしい。だから「呼子と口笛」の赤いタイトルの初めの字には黒インクがまだ残っていたりする。

したがってスポンジについている黒や赤のインクは、その分だけインクの色を変えたこと(つまり新しい着想が浮かんだのでその着想を実行したことなど)を示しているのである。ある時期の思索や試行の印なのだ。

しかしスポンジは「堅くかわいて」いる。このところずっとあることに集中してインクを変えることなど思いも及ばない時間をすごしてきたことを表す。作歌時期を考えると「我等の一団と彼」の執筆に没頭して黒インクばかりを使い、スポンジに水を含ませる必要が無かったと言うことになる 。

<訳>このところ小説「我等の一団と彼」の執筆と秋水著の読書に熱中して、この海綿を使うこともなかった。じっとして、黒と赤のインクを吸い込んでやがてすっかり乾いてしまった海綿を、このところの嵐のような日々を思いながら見ることだ。

海綿を見る自分に最近の心のドラマを見ている歌。36、37ページの見開きのモチーフはある行為の中に映る心のドラマ、とでも言えようか。

2010年5月26日 (水)

気ぬけして廊下に立ちぬ

     気ぬけして廊下に立ちぬ

     あららかに扉を推せしに

     すぐ開きしかば

<ルビ>扉=ドア。推せ=おせ。

<ことば>推す=おして向こうへ進むようにする(押す=おしつける。おさえる)<『角川 新字源』の同訓異義より>。

初出『一握の砂』。したがって作歌は1910年(明43)10月4日~16日。

「扉」がドア式である。喜之床の2階つまり今借りている部屋の出入口はドア式ではあるまい。ドア式で若い男が「あららかに」推さないと開かないような出入口では老母や4歳未満の京子は生活できないだろうから。職場東京朝日新聞社の日常使う編集室のドアがそんなに固いはずはなかろう。偉い記者たちもたくさん出入りするのである。ガタピシドアであるとは思えない。

この「扉」=ドアのある部屋は、節子が出産のために入っている東大病院の病室であろうと思われる。

それだとドアの調子が今一つ分からなくても不自然ではない。おそらく入室するとき、ドアが固かったのではなかろうか。でなければ前回出るときに固かったか。

<訳>気抜けして病院の廊下に立ってしまった。このドアは固いと思い込んで、体重をかけて荒っぽく推したところ、すっと開いてしまったので。

山本健吉はこう評している。

「かうしては」「気ぬけして」の二首は、姉妹作品と呼んでもよかろう。何か焦燥の気持と、それを平静さへ引きもどすような間の抜けた出来事とが、一つのアイロニーをかもし出す。

たしかに2つの歌は間の抜けた心の寸劇のよう。

固いと思って思いっきり力を入れたら、すっと開いたジャムのふた、など拍子抜けは日常よくある一人芝居の形。

今日は気が変わって文体を変えました。しばらくこうするかも知れません。

2010年5月23日 (日)

かうしては居られずと思ひ

     

     かうしては居られずと思ひ

     立ちにしが

     戸外に馬の嘶きしまで

<ルビ>居=を。戸外=おもて。嘶(き)=いなな(き)

<語意>嘶く=馬が声高く鳴く。

初出『一握の砂』。したがって作歌は1910年(明43)10月4日~16日。

馬の「嘶き」ですが、<語意>の所には辞書の意味を書いてあります。しかし歌の中の「嘶き」はヒヒーンではなくて、馬が驚いたときなどに発するブルルルとかドドドドにちかい嘶きだろうとおもいます。

それにしても嘶きに反応して立ち上がるとは、若干オーバーな気もしますが、啄木には次のような面がありました。金田一京助の「友人として観た人間啄木」の冒頭を引きます。

恩師の与謝野さんがいつか君を追憶しておそろしい空想家だったと評された。ほんとうに君は異常な空想の持ち主だった。ことにその前半期にはほとんど白昼に目をあけて夢を見ている人だった。同宿時代になっても、たった一人居るその室へはいると、二、三度外からノックをして開けるにかかわらず、びっくりして跳び起きることがよくあった。そしてたびたび今覚まされたというその空想の梗概を聞かされたことである。ある時、話しかけて自分で頭をかかえて「羞(はずか)しくて言えない言えない」と尻込みしてから話したのは、(以下略)・・・・・

この異常な空想癖は作歌の時期にも持っていたのでしょう。空想に耽っているときに突然馬のはげしい嘶き。啄木は空想から現実(耳に入った嘶き)へ瞬時に戻ったために、馬の嘶きと判断する間もなく、おどろいて立ち上がったのでしょう。そして、何だ馬か、となったのでしょう。その心理をうたったのだと思います。

<解釈>空想に耽っていると突然すごい物音がした。大変だ!と思って立ち上がったのだが、表で馬が嘶いたにすぎなかった。

前歌は数時間の心の動き。この歌は瞬時の心の動き。

2010年5月20日 (木)

ある日のこと

     

     ある日のこと

     室の障子をはりかへぬ

     その日はそれにて心なごみき

<ルビ>室=へや。

初出「スバル」1910年(明43)11月号。したがって作歌は同年10月4日~16日。

「障子」は、明かりをとり入れやすいように、片面だけに白い紙を張った普通の障子。つまり明かり障子。これの張り替えはどこの家でも家族の誰かがやりました。明かり障子は子供が穴を空けたり、家族の誰かのちょっとしたミスで破れたりします。紙は変色し、またよごれてきます。

この日は「主人」の啄木が張り替えをやりました。何のために? 結句の「心なごみき」が答えを暗示しています。

何をしてもいらつきがとれない。何かないか? わが子と遊ぶ?わずらわしい。散歩?出る気など起きない。酒?昼間っから呑んでいられるか。こうして何もかもしたくない屈託した日というのがあります。そんな日々が続くこともあります。

そこで思いついたのが障子の張り替え。ポンポンと破れていないところもすべて破り、その紙を取り払い、桟(さん)についた紙も水できれいに拭い取ります。糊は妻か母に作らせたかもしれません。その糊を刷毛で桟にぬり、白い新しい障子紙を張ります。

ぴんと張ったまっさらの白い障子は快いものです。部屋が明るくなります。いつの間にか屈託は晴れています。「心なごみき」です。

<解釈>屈託したある日のこと、思い立って部屋の障子を張り替えた。その日はそのおかげで屈託が晴れた。

掲出歌を味わおうとする時すぐに浮かぶのが、現代の代表的歌人の一人三枝昂之さんの鑑賞です。同氏の近著『啄木―ふるさとの空遠みかも』(本阿弥書店)の「あとがき」から引きます。

啄木の短歌でどれが好きか。そんな話題になったとき、近年の私は『一握の砂』の「ある日のこと/室の障子をはりかへぬ/その日はそれにて心なごみき」を挙げることが多い。誰もが持っている和まない心をどう解消するか。若山牧水だったら酒、斎藤茂吉ならやはり鰻だろう。金がある時の啄木は浅草へ行くことが多かったが、歌の中では殊勝にも障子を張り替える。・・・・いかにも暮らしに近しいこの鬱屈解消法がいい。しかも張り替えてしばしなごみ、また次の日は鬱々となごまない自分に戻ってしまう。そこが庶民の心の深部に触れるのである。

深い味のある評釈、啄木短歌を味わう際の1つのお手本です。

2010年5月14日 (金)

たんたらたらたんたらたらと

     たんたらたらたんたらたらと

     雨滴が

     痛むあたまにひびくかなしさ

<ルビ>雨滴=あまだれ。

作歌1910年(明43)10月13日夜。初出「精神修養」同年12月号。

井上ひさしさんの芝居「泣き虫なまいき石川啄木」の初演(86年6月)のビデオを観ていて強く印象に残ったことがありました。名歌・秀歌ひしめく啄木歌集の中から井上さんがこの脚本でつかった1首が、掲出歌でした。金田一京助役の高橋長英さんがセリフの中でこの歌を実にうまく詠みました。それを聴きながら私は、それにしても井上さんはどうして選りに選ってこの歌をとりあげたのだろうと思いました。その疑問は今日まで20年以上持ち越してきました。この度はその疑問に決着をつけたいものです。

まず当の金田一京助(役)のセリフを引きます。話の相手は石川啄木(役)です。

(珍しく話を遮つて)石川くんの去年十二月に出た歌集「一握の砂」は、これまでの短歌の型式をもののみごとに打ち毀してしまつたぢやないですか。どの頁でもいいから開いてごらんなさい。「たんたらたらたんたらたらと/雨滴が/痛むあたまにひびくかなしさ」。五句三十一韻律を、あなたは三句の三十二音にしてしまつた。しかも日常語や俗語ばかりでせう。さらに三行の分ち書きでせう。千何百年来の和歌短歌の伝統はもう滅茶苦茶です。それでいて、たんたらたらたんたらたらと、雨滴が(ここから短歌らしく詠んで)痛むあたまにひびくかなしさ、とくると途端に短歌らしくなる。なんだか手品をみてゐるやうな気分です。

みごとな啄木短歌論です。

この続きは明日書きます。明日までにちょっとお考えください。「たんたらたら」は擬音語だと思いますか。もし擬音語であるなら「たらたら」とは雨滴(あまだれ)のどういう音でしょう。なんだか啄木はすごいことをやっているような気がしてきます。

今日は5月15日。上を続けます。

「たん」はまちがいなく擬音語です。ざあざあ降りの雨ではなくしとしと降る雨の日、どこをどう伝って来たのか雨垂れが同じ箇所(トタン屋根?)に落ちるようです、たん! これが頭痛の響きます。

「たらたら」は擬音語ではなく擬態語でしょう。したがって啄木には見えていません。が、また「たん」がくるな、と思います。雨垂れの場所に向かって伝うわずかな雨水を想像します。これが「たらたら」でしょう。その途端に、たん! あ、痛っ!

したがって「たらたら」は「たん!・・・・・・たん!・・・・・・・」の「・・・・・・」、すなわち断続する時間を文字で表したのだと思われます。奇想天外の技巧です。故井上ひさしさん(啄木短歌の最高の読み手)はこの「手品」を半分感じ取っていたのだと思います。(この解釈、井上さんに聞いていただきたかったです。)

<解釈>たん!・・・・・・たん!・・・・・・と断続して落ちる雨垂れが、その度に頭痛のあたまに響く。家にこもっているしかないので、雨垂れが増幅する頭痛から逃れようもないでいるこの切なさ。

60、61ページのモチーフは、3首目を「転」と考えて、「家にこもる」です。

2010年5月 9日 (日)

或る時のわれのこころを

     

     或る時のわれのこころを

     焼きたての

     麵麭に似たりと思ひけるかな

<ルビ>或る=ある。麵麭=パン。

作歌は1910年(明43)10月13日。初出「精神修養」同年12月号。初出の初句は「今日はふと」。

「焼きたてのパンに似たこころ」なんてどんな心なのか、考えれば考えるほど分からなくなります。したがって以下はいわば当て推量です。ただ見開き4首または1ページ2首に何らかの共通のモチーフがあるだろうというのが、指針の役を果たしてくれるはずです。

啄木の職場・東京朝日新聞社は京橋区滝山町(現在の銀座6丁目)にありました。職場から近い銀座4丁目、たまには散歩を楽しんだ銀座通りの、その4丁目に木村屋がありました。「銀座 木村屋總本店」のHPによると銀座4丁目に店舗ができたのが明治7年、明治15年には木村屋のあんぱんは銀座名物に。明治33年にはジャムパンが大評判になったとか。

「焼きたての麵麭」が木村屋のあんぱんのイメージでいいかどうか、確たる根拠はありませんが、あのピッカピカの皮の、いい匂いのする、あたたかくてうまそうな、店先に置かれた焼きたてのあんぱん、を思い浮かべることにします。

そういうパンに似た心として、晴れやかな心・表に出て人目に触れるのを願う心を考えてみました。

<解釈>ある時の自分の晴れやかな、表に出て人目に触れたいと願うこころを、焼きたてのパンのイメージに似ているな、と思ったのだった。

こう解釈すると、見開き右ページのモチーフが「家にこもる」でしたから、ここで起承転結の転に相当するような歌が配されたことになります。

2010年5月 5日 (水)

この次の休日に一日寝てみむと

     この次の休日に一日寝てみむと

     思ひすごしぬ

     三年このかた

<ルビ>休日=やすみ。一日=いちにち。三年=みとせ。

ブログ再開の決心がようやくつきました。週2回ペースで載せてゆけるよう努力します。「邦人の顔たへがたく卑しげに」のように1首の解釈に1ヵ月半もかかることの無いように祈りつつ。

この歌の初出は「スバル」1910年(明43)11月号。したがって作歌は同年10月4日~16日。

「三年」は字義通りだと、上京した1908年5月~10年10月のことになります。しかしこの内最初の10ヵ月は就職していませんから、毎日が「休日」でした。という風に見て行くと、「三年」は「このところずっと」くらいの意味でしょう。

作歌直後の10月20日宮崎郁雨あての手紙にこうあります。

この頃僕は、一日ゆつくり寝てみたいといふ外に希望がない。何てかう急がし急がしい(ママ)だらうと思ふ。毎晩三時過ぎまでやる、それでも机の上からはちつとも用がへらない。二葉亭全集の二巻も来月の初めに売出すので、今が一番急がしい。もうすぐ三巻の原稿整理に図書館通ひをしなくちやならない。それに来月はウント原稿料をとらねばならぬ事情がある。ホントに一日寝てみたいものだ。

これが歌の意味そのものだと言っていいでしょう。

<解釈>この次の休日には何もしないで、一日ゆっくり家で寝ていたいものだ、と思いながら、このところずっとその希望は実現できないままだ。

60ページ右の「邦人の顔たへがたく卑しげに」で「家にこもらむ」とうたい、左のこの歌でも1日家にこもって寝ていたいとうたいます。「家にこもる」という共通のモチーフを見て取ることができます。

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »