« 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ  その2 | トップページ | 人ありて電車のなかに唾を吐く  その1 »

2010年6月27日 (日)

何すれば

    

     何すれば

     此処に我ありや

     時にかく打驚きて室を眺むる

<ルビ>何=なに。此処=ここ。打驚き=うちおどろき。室=へや。
<語意>なにすれば=え、どうして。打驚きて=びっくりして。

作歌1910年(明43)7月26日夜。初出東京朝日新聞同年8月4日。

「かうしては居られずと思ひ」(5月23日)のブログに書きましたが、啄木には常人を遙かに超える空想癖がありました。そのブログの

「羞(はずか)しくて言えない言えない」と尻込みしてから話したのは(以下略)、の略した分を書きましょう。

 丁度桂首相が大命を拝して閣員を物色しつつある最中の頃の事であつた。なぜか自分に今にも桂首相から 使が来る様な気がしてならず、その間にたうとう使が来て、その次にはもう衆議院の大臣席に眉をあげて 自分が内務の施政方針を演説してゐた。其所へ私が突然障子をあけたといふのであつた。或時は又自分で 東洋の歴山大王に成り済まし、自ら皇太子軍を督して父王と世界の征服に出かけた。可笑しい事には東方 から南北二道に分れて、父王は天山南路から、自分は印度の大広原に馬を進めて、それから西の方欧羅巴 を席巻した、其の帰るさ、不幸、父王の陣歿に遭ひ、自ら三軍を希臘のオリンプス山上に会して一場の演 説をした。そして最後に「あとは世界を挙げてお前たちにやるから、どうでも勝手にしろ」と云ひすてて 突然民衆の中へ姿を没した、その刹那に私が障子を明けて其れを醒まして了つたといふ事であつた。

以上はおそらく1908年(明41)の思い出だろうと思われますが、作歌時にも同様の空想はあったのでしょう。空想の内容は激変しているはずですが。掲出歌を作ったのが7月26日夜、翌27日朝に作った歌にこんなのがあります。

 ことさらに灯火を消してまぢまぢと革命の日を思ひつづくる

「打驚きて室を眺」めた時までに空想していたのはこんな所でしょう。空想の源になったのは当時読み直していたクロポトキン著・幸徳秋水訳『麵麭(パン)の略取』。

<解釈> (クロポトキンを読んで革命の日をまじまじと空想してしまい、急に空想から現実に戻った時など自分の今いるところが分からなくて)え、どうしてここに自分がいるんだ? と時にはびっくりしてぼくは自分の部屋を眺めるのだ。

« 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ  その2 | トップページ | 人ありて電車のなかに唾を吐く  その1 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/48717470

この記事へのトラックバック一覧です: 何すれば:

« 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ  その2 | トップページ | 人ありて電車のなかに唾を吐く  その1 »