« 人いふ人のこころに | トップページ | 盗むてふことさへ悪しと思ひえぬ »

2010年7月31日 (土)

叱られて

     

     叱られて

     わつと泣き出す子供心

     その心にもなりてみたきかな

<ルビ>叱られて=しかられて。

作歌1910年(明43)9月9日夜。初出東京朝日新聞同年10月19日。

叱られたことと泣くことの間に、なんのおもんぱかりも挟まない子供の心。それは周囲への顧慮の一切ない率直な心の発現である。3行目はそんな心とは遠く隔たった自分を反省しつつ、その心への羨望を表明する。

この歌は9月9日夜の作であって、わたくしのホームページ「石川啄木著『一握の砂』を読む」に掲載の論文「韓国併合批判の歌 五首」のなかで、この歌に以下のようにふれてある。(なお、引いた4首は最初の赤インクグループの第3~6首である。)

 いらだてる心よ汝はかなしかりいざいざ少し欠伸などせむ
 叱られてわつと泣き出す子供心その心にもなりてみたきかな
 顔あかめ怒りしことが翌日はさほどにもなきをさびしがるかな
 何事も金々といひて笑ひけり不平のかぎりぶちまけし後

 1つのテーマで連作しようとするのではなく、思いつくまま、あるいは連想にも誘われて、「とぎれとぎれに」うたっている。しかしいらだつ心・子供とちがって屈折した心・つまらぬ事に怒る心、には通底するものつまり最近の心境ということがある。

わたくしがそこで「通底するものつまり最近の心境」と言ったのは、大逆事件・韓国併合・言論抑圧・発禁の嵐等の下で、表現の鬱積とともに鬱屈が募る一方という今の心境である。

7月「所謂今度の事」を書いてボツ、最近書いたばかりの「時代閉塞の現状」は掲載不可。ああ、この子のように心を率直に表せるならどんなに快いだろう! まさに「ダイナモの/重き唸りのここちよさよ/あはれこのごとく物を言はまし」だ。こんな心の姿をうたった歌である。

<訳>叱られてわっと泣き出す京子(満3歳と9ヵ月)の、周囲への顧慮など一切ない率直な心。そんな心持ちで、思うことをかのダイナモの重い唸りのように力強く、率直に表現したいものだ。

« 人いふ人のこころに | トップページ | 盗むてふことさへ悪しと思ひえぬ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/49005233

この記事へのトラックバック一覧です: 叱られて:

« 人いふ人のこころに | トップページ | 盗むてふことさへ悪しと思ひえぬ »