« いらだてる心よ汝はかなしかり | トップページ | ふがひなき »

2010年8月29日 (日)

女あり

     

     女あり

     わがいひつけに背かじと心を砕く

     見ればかなしも

これも作歌は1910年(明43)9月9日夜。初出「創作」同年10月号。

「女」は妻の節子と思われる。啄木が「いひつけ」できる相手は妻か子しかない上、その相手は「背かじと心を砕く」のだから、妻ということになる。前々歌「顔あかめ怒りしこと」と関係がありそうだが、確証はない。

節子は10月4日に長男を出産するので、この歌のようなことは妊娠8、9ヵ月の時のことと推定される。

前歌2首では啄木の側から見た妻節子をえがいたが、節子の側が見る夫啄木は様相が異なる。夫婦の思いは相当ちぐはぐである。ちぐはぐは1908年(明41)4月末、啄木が妻子老母を函館に残し上京して以後徐々に大きくなって行った。

09年6月妻子老母が上京してきた時には夫婦の間に深い溝ができていた。節子の上京後の第1信(実母宛)はこういう書き出しで始まる。

 東京はいやだ。さびしかるべき夜汽車も兄さんがいらしたので色々お話して夜を明かしました。

「東京」は夫啄木の記号であろう。その「いやな東京」に対し、反射的に出てきたのは「兄さん」つまり宮崎郁雨である。節子の愛はひそかに郁雨に移り、啄木への愛は冷めてしまっている。

ローマ字日記以後の啄木は09年6月半ばから100日ほどかけてすっかり自己変革する。一家の主として妻子老母のために、自分の文学活動を犠牲にしてもまじめに働こうと決意する。夫の内面の変化に気づく気のない節子は10月2日京子を連れて家出し実家に逃げ帰る。啄木の狼狽は大変なものだった。金田一京助『石川啄木』にその啄木が生き生きと写されている。金田一や盛岡高等小学校時代の恩師新渡戸仙岳らのお蔭で節子は10月26日にもどってくる。

啄木は真に変わった。われわれの石川啄木はこの時に生まれるのである。しかしもどってきた節子の心は基本的には家出前と変わっていなかった。夫婦のことであるからいい日和もあれば、雨風の日もあったことであろうが、基本的には夫婦間の齟齬は1910年にも埋まらなかったと思われる。出産をひかえた9月26日節子は妹ふき子にこう書いた。

  私も十月のはじめには子供が二人になるのでせはしい事だらうと今からいやな心地がしますよ。

こんな夫婦関係のある日、掲出歌のようなことがあったのだろう。啄木は一面で妻を第二の母のように頼っていたこと、前歌の時に書いた。そんな信頼のもとに、なにかをきびしく「いいつけ」たのであろう。妊娠8、9ヵ月の節子は明治の女らしく、その「いいつけ」を守ろうといろいろ気を遣っている。忍従の一場面と言えそうである。

<解釈>ひとりの女がいる(それはわが妻だ)。妻がわたしの言いつけに背くまいといろいろに気を遣っているのを見ると、その健気さがいとおしくなることだ。

« いらだてる心よ汝はかなしかり | トップページ | ふがひなき »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/49263741

この記事へのトラックバック一覧です: 女あり:

« いらだてる心よ汝はかなしかり | トップページ | ふがひなき »