« 秋の風  その2 | トップページ | 秋の風  その4 »

2010年9月27日 (月)

秋の風  その3

「秋の風  第2の解釈」    

     秋の風

     今日よりは彼のふやけたる男に

     口を利かじと思ふ

<ことば>ふやけたる=(心が)だらけてしまりがない(広辞苑)。

作歌は1910年(明43)9月9日夜。初出「創作」同年10月号。

歌の主語は「利かじと思ふ」人すなわち作者である。「彼のふやけたる男」は近藤元という若い歌人。

啄木は1910年(明43)8月6日の東京朝日新聞に「女郎買の歌」(副題『悪少年』を誇称す 『糜爛せる文明の子』)という評論を載せた。ただし筆者名は「△△△」。

この資料を発見し、筆者を石川啄木と特定したのは斎藤三郎であった(斎藤三郎『文献 石川啄木』〈青磁社、1942年〉206~221ページ)。そして『啄木全集 第十巻』(岩波書店、1954年)にこれを収録した。しかし岩城之徳は「啄木の作と断定するにはなお一抹の不安が残る」として筑摩版の『啄木全集』『石川啄木全集』ではこれを参考文献としてあつかった。しかし斎藤三郎の考証はほぼ完璧であり、のちにこれを補った清水卯之助の論考(「『女郎買の歌』を叩く」〈「啄木と賢治」1976年初夏号〉)も合わせ、さらに資料の文体・内容・思想等を綿密に検討するなら、これが啄木の作品であることに疑いの余地はない。機会を得てこれを実証したい。今はこれを前提として評釈を進める。読者諸氏は『石川啄木全集 第四巻』(筑摩書房)437~439ページで直接これにあたられたい。

ついでに言うとこの「女郎買の歌」は、8月29日(推定)に執筆を開始する「時代閉塞の現状」の一部内容を先駆的に示している。またこの「女郎買の歌」に触発されて、魚住折蘆がさっそくトンチンカンな評論「自己主張の思想としての自然主義」を書く(論中で折蘆は近藤元を支持している!)。この折蘆の評論への反論を装って書かれるのが「時代閉塞の現状」である。

「女郎買の歌」とは「創作」1910年8月号に載った近藤元の短歌「黄と赤と青の影画」34首を指す。近藤は当時満20歳の青年歌人。

以下次回。

« 秋の風  その2 | トップページ | 秋の風  その4 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/49563935

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の風  その3:

« 秋の風  その2 | トップページ | 秋の風  その4 »