« 誰そ我に  その2 | トップページ | ブログ再開か中断か迷っています »

2010年10月24日 (日)

やとばかり

     

     やとばかり

     桂首相に手とられし夢みて覚め

     秋の夜の二時

<ことば> や=かけ声やはやし声。また、気合いの声。ばかり=「…とばかり」の形で、言葉ではいわないが、様子でそれを示していることを表す。(以上新潮現代国語辞典) したがって「やとばかり」はものも言わず力を入れて。桂首相=時の首相桂太郎。手=両肩から指先に至る間の総称。

作歌は1910年(明43)9月9日夜。初出「創作」同年10月号。

「や」について。1908年6月25日夜に啄木の作った歌に「やよ柱力角(ちからづく)せむや(や=傍点あり)といひて汗出づるまで推せど動かず」とあり、ここの「や」は気合いの声。掲出歌の「や」も同じく気合いの声である。したがって「やとばかり」によって強い力でつかむすごい目つきをした桂首相が表現されている。

「桂首相」は1908年(明41)7月14日、山県有朋による西園寺公望内閣「毒殺」の後を受けて、第2次桂内閣を組閣(~1911年8月25日)。桂は日本軍国主義の始祖ともいうべき山県を継ぐ軍人で現役陸軍大将でもあった。かれこそ大逆事件という国家テロ・韓国併合・思想言論に対する猛烈な弾圧の、つまり強権政治の、最高責任者であった。啄木は桂を「帯剣政治家」とよび平出修は桂の政治を「軍政政治」と呼んだ(啄木の修あて書簡1911.1.22)。

「手」は手首か腕であろう。「手とられし」は「腕をつかまれた」ととっておこう。

<解釈>いきなり強い力で桂首相に腕をつかまれた。びっくりして目が覚めた。秋の夜の2時だった。(「強権」との闘いを呼びかける文章を書いたばかりだからだろうか。強権政治の親玉が怖い目をして夢に現れたのだった。)

「我を愛する歌」のプロローグ「東海の小島の磯の」は2つの意味を持つのであった。その第2の意味こうだった。「世界の極東に位置する日本の、東京のとある片隅で、時代閉塞の現状の下、意に満たぬ日々を送るぼくは、心の遣り場を歌作りに求めるのだ。」

これに対して掲出歌は、時代閉塞の現状下強権との有効な闘いもできず、こんな夢を見る自分を歌う。

こうして両歌は照応する。

« 誰そ我に  その2 | トップページ | ブログ再開か中断か迷っています »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/49805034

この記事へのトラックバック一覧です: やとばかり:

« 誰そ我に  その2 | トップページ | ブログ再開か中断か迷っています »