« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »

2011年4月

2011年4月28日 (木)

「我を愛する歌」の研究 3

ともあれ『一握の砂』全5章のうち4つの章の編集上の巧緻については前掲小著『『一握の砂』の研究』で論じたが、巧緻は「我を愛する歌」にも張りめぐらされていたのである。
啄木端倪すべからず。

なお、ブログ版で本稿をお読みになる方には、2つのお願いをしておきたい。

ブログには2ページ4首(または1ページ2首)を1回分として載せて行くが、その1回分ごとに、テキストに帰って啄木の編集・割付の巧緻を再度味わっていただきたい。
またテキストの組版(字体を含む)は「日下潤一+長田年伸+原田潤」氏の作品であるが、これは啄木の指示で作られた東雲堂版『一握の砂』の魅力を、文庫版に再現した入魂の傑作である。これも味わっていただきたい。

3ページ。                                

       東海の小島の磯の白砂に
   われ泣きぬれて      
   蟹とたはむる

【解釈】地球のはるか東の方に明るく青々と広がる海、そこに浮かぶ緑なす小島、その波打ち際の白い砂地で、ぼくは泣きながら蟹とたわむれ、悲しみをまぎらすことだ。
【巻頭・章頭歌としての解釈】世界の東の海上に位置する20世紀初頭の日本、天皇制国家の強権のもとに苦しむ日本の<東海の小島の>、東京のとある片隅で<磯の白砂に>、「時代閉塞の現状」と闘おうとするのだが「敵」は強大で手立てを見出せぬまま、ぼくは「意に満たない生活をして」おり<われ泣きぬれて>、そのような生活に耐えねばならぬ「不幸な日」「有耶無耶に暮らした日」にはかけがえのないいのちの刹那の記録として、自己愛惜の表現として、短歌を作るのだ<蟹とたはむる>。(「 」内は啄木自身の言葉)
   

   頬につたふ
   なみだのごはず
   一握の砂を示しし人を忘れず

【解釈】頬を伝い落ちる涙をぬぐおうともしないで「一握の砂」を示し、有限の時間の中を生きるわれわれだ、だからこそ、いのちの一瞬一瞬を充実させて生きて行こうよ、と教えくれた人のことを私は忘れない。

注解】テキスト3ページの脚注・補注参照。

2011年4月26日 (火)

「我を愛する歌」の研究 2

前回の「ブログを再開します」を、「『我を愛する歌』の研究 1」とし、今回を2とします。

1首1首の評釈を積み重ねてゆくうちに、驚くべき事が見え始めた。
多くの場合見開き4首毎にまたは見開き各頁の2首毎に啄木はなんらかの編集上の工夫を用意しているのだった。たとえば、
1、見開き2ページ4首(または各1ページ2首)の歌を共通の主題で編集する。
2、見開き2ページ4首(または各1ページ2首)の歌を主題の、流れ・対照性・構造性を考慮して編集する。
3、孤立した1首が出てそれを捨てかねる時は、あたらしく歌を作って補充し、あたらしい見開き2ページ4首をつくる。
等。

これらを【注解】として、各見開き2ページ4首(または各1ページ2首)分の【解釈】の最後に示した。

【注解】の内実は多様で複雑である。11ページ以後の135首は1908~1910年の3年間のいろいろな時期に思いつくままに作られたのである。歌論「一利己主義者と友人との対話」に啄木は次のように書いた。

 人は歌の形は小さくて不便だといふが、おれは小さいから却つて便利だと思つてゐる。さうぢやないか。人は誰でも、その時が過ぎてしまへば間もなく忘れるやうな、乃至は長く忘れずにゐるにしても、それを言ひ出すには余り接穂(つぎほ)がなくてとうとう一生言ひ出さずにしまふといふやうな、内から外からの数限りなき感じを、後から後からと常に経験してゐる。多くの人はそれを軽蔑してゐる。軽蔑しないまでも殆ど無関心にエスケープしてゐる。しかしいのちを愛する者はそれを軽蔑することが出来ない。
 …………
 さうさ。一生に二度とは帰つて来ないいのちの一秒だ。おれはその一秒がいとしい。たゞ逃がしてやりたくない。それを現すには、形が小さくて、手間暇(てまひま)のいらない歌が一番便利なのだ。実際便利だからね。歌といふ詩形を持つてるといふことは、我々日本人の少ししか持たない幸福のうちの一つだよ。……おれはいのちを愛するから歌を作る。おれ自身が何よりも可愛いから歌を作る。

最後の「おれはいのちを」以下の2つのセンテンスをつづめたのが「我を愛する歌」という章題なのである 。そして歌論の引用部分をもっとも典型的に実践したのが「我を愛する歌」の歌々なのである。

こうしてできた(しかも3年にわたる)歌々を4首4首にきっちりと分類できるはずはなかろう。しかし啄木は「我を愛する歌」を編むにあたって見開き4首(または1ページ2首)毎になんらかの関連性を持つ歌々を配置しようとした。それも常人の何十倍も高速に回転する例の頭脳で瞬時に編集した場合もあったであろう。すこし時間がかかった場合もあったであろう。それどころかこの章に残したいが互いに関連性をもたない(同じ見開きには配列できない)歌々を生かすために、『一握の砂』編集の最後の最後に26首も作りその大部分をこの章の10の見開きに割り振ったりもした 。

そうした時に啄木の頭脳に働いた編集意識あるいは編集意図を【注解】で示そうとしたのである。

2011年4月24日 (日)

ブログを再開します

ずっと中断していましたが、その間もこのブログおよびHP「石川啄木著『一握の砂』を読む」に変わらぬ数の方々から訪問していただきました。

そこで、「国際啄木学会東京支部会報」18号(2010年4月)19号(11年4月)に載せた論文を全面的に改稿し、このブログに掲載して行くことにしました。

以下はその第1回です。

     「我を愛する歌」の研究    近藤典彦
                                             2010年1月16日起稿
                                2月01日脱稿
                           2011年4月22日改訂

 『一握の砂』に張りめぐらせた編集・割付の巧緻については、小著『『一握の砂』の研究』(おうふう、2004年)で論じた。あれは「みぞれ降る/石狩の野の汽車に読みし/ツルゲエネフの物語かな」1首の解読をきっかけに展開した研究だった。『一握の砂』全5章の中に読み取れる限りのものを読み取ったはずだった。「我を愛する歌」の章には、見開き4首毎に張りめぐらせた巧緻は認められなかった。
 したがって朝日文庫版『一握の砂』(朝日文庫、2008年)を編んだ時も、3~10ページの16首とプロローグ・エピローグの2首以外には、編集・割付上の指摘はしなかった。

 11ページ右の歌「わが泣くを少女等きかば」の脚注にはこう記した。

   ここから啄木の「心の姿」百態がランダムに配置される。

と。
 朝日文庫版の『一握の砂』は啄木の編集意図を復元・解説した未曾有のテキストである。わたくしはこのテキストによって『一握の砂』が爆発的に読まれる日の来ることを願った。
 そのための試みの1つとして、うかうかとブログ『一握の砂』の評釈を始めてしまった。
 やがて「『心の姿』百態がランダムに配置される」箇所(11ページ)にさしかかった。それ以後の評釈は表面的には簡単そうだが、非常にむずかしかった 。

 以下は今井泰子注釈『石川啄木集』のp504~505にある補注一の一部である。今井泰子がいかに『一握の砂』評釈の困難さを認識していたかを知っていただきたい。明治四一年~四三年の啄木の歌風の変化に触れつつ、啄木短歌を論ずる箇所から引用する。
   

  ……四一、二年の歌は、概して非現実的な素材によった象徴的な作風で、「明星」の強い影響下にある。それらの中から比較的空想性が少なく得意とするものが拾われ、四年の現実的作風の歌と合わせられて歌集に まとめられた。したがって、この歌集の基本的な作風は四三年中のものの中に見いだされる。
  ただし、浪漫的・象徴的・現実的と称しても、それは主として素材の差、主題の差であって、表現技法や言語 感覚という点で見れば、啄木は、最後まで一種のサンボリストである。四三年中の作品も、日常現実の具体的場面を描いているかにみせて、歌の主題の多くは場面自体にない。各用語の背後に広いイメージをつくり、それによって主題を構成している。 
  啄木の歌は、語彙や語法の日常性によって、平易な歌とみられているが、そうした技法上の性格のために、主題の把握は容易でない。むろん、わかりやすい歌もあるが、総体的にみれば、ああも解せるこうも解せるというたぐいの歌が多い。この書ではそうした困難を感じた時には、前後の歌の関係に注意した。すなわち、この歌集は、創作時期ではなく内容を基準として構成されている。通読すれば気分の流れが波となって読み取れるように編集され、一首一首は、その内容・主題・イメージによって、鎖がつながるようにからみあって配列されている。著者の手もとの歌だけでつながらぬ時には、その場で詠出してそれをつなげたようである(歌集初出歌をそのように位置づけることが可能である)。そうした構成が、各歌の主題把握に手がかりを与えてくれる。
 
 わたくし自身1首の評釈に45日間、11日間等々を費やしたこともあった。

« 2011年1月 | トップページ | 2011年5月 »