« 「我を愛する歌」の研究 16 | トップページ | 「我を愛する歌」の研究 18   »

2011年5月31日 (火)

「我を愛する歌」の研究 17

30-31ページ

     大いなる彼の身体が
     憎かりき
     その前にゆきて物を言ふ時
 
【解釈】主筆の前に行って物を言う時は、どうも気後れしてしまった。トップの主筆の前だから校正係の自分が気後れしたのではない。あの人の身体があまりに大きいせいだ。だからあの巨体が憎かった。

     実務には役に立たざるうた人と
     我を見る人に
     金借りにけり 

【解釈】石川君は歌人としては売り出し中だし、二葉亭全集の校訂など任せられて忙しそうだが、その分校正係としてはさっぱり役にたたん。そんな風に思っている人に、金を借りたのだった。

     遠くより笛の音きこゆ
     うなだれてある故やらむ
     なみだ流るる 

【解釈】遠くから笛の音が聞こえてくる。それはふるさとの祭りの記憶へと、天真爛漫だった少年の日の記憶へと、わたしを誘う。上役も知らない、借金の苦労もないあの日々よ。項垂れているせいだろうか、涙が流れ落ちる。

     それもよしこれもよしとてある人の
     その気がるさを
     欲しくなりたり 

【解釈】何事によらずそれもいいじゃないか、これもいいじゃないかで済ます人と一緒にいると、自分もその気軽さを欲しくなってしまった。(私は自分の意識力をもてあましているのだ。)

注解】p.30=職場での人間関係。p.31=少年時代の天真爛漫(3首目は起承転結の転に相当する役割)・現在のもてあます意識力。

<ブログをお読みいただくに際してのお願い>

このブログの勘どころは【注解】にあります。いつも【注解】にご注目の上、次の2点を実行してください。

1、ブログには2ページ4首(または1ページ2首)を1回分として載せて行きますが、その1回分ごとに、朝日文庫版のテキストに帰って啄木の編集・割付の巧緻を再度味わってください。
2、またテキストの組版(字体を含む)は「日下潤一+長田年伸+原田潤」氏の作品ですが、これは啄木の指示で作られた東雲堂版『一握の砂』の魅力を、文庫版に再現した入魂の傑作です。これも味わってください。

また、【解釈】は【注解】理解に必要な最小限の内容です。【解釈】をほんとうに理解するためにはわたくしのHP「石川啄木著『一握の砂』を読む」の「『一握の砂』全歌評釈」に当たってください。たとえば二つ目の歌の「・・・と我を見る人」がどんな人かは、【解釈】を百万遍読んでも分かりません。

« 「我を愛する歌」の研究 16 | トップページ | 「我を愛する歌」の研究 18   »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/51814839

この記事へのトラックバック一覧です: 「我を愛する歌」の研究 17:

« 「我を愛する歌」の研究 16 | トップページ | 「我を愛する歌」の研究 18   »