« 「我を愛する歌」の研究 31 | トップページ | 「我を愛する歌」の研究 33 »

2011年6月30日 (木)

「我を愛する歌」の研究 32

60―61ページ

     邦人の顔たへがたく卑しげに
     目にうつる日なり
     家にこもらむ

【解釈】植民地地獄に落とされた韓国千数百万人の悲嘆悲痛を思う気持ちなど微塵もない、ただ奪いまくり掠めまくることしか考えず、お祭り騒ぎをする邦人(=日本人)。日本人の顔がたえがたく卑しげに見える日だ。かれらの顔を見なくても済むように家に引きこもろう。

     この次の休日に一日寝てみむと
     思ひすごしぬ
     三年このかた

【解釈】この次の休日には何もしないで、一日ゆっくり家で寝ていたいものだ、と思いながら、このところずっとその希望は実現できないままだ。

     或る時のわれのこころを
     焼きたての
     麵麭に似たりと思ひけるかな

【解釈】ある時の自分の晴れやかな、表に出て人目に触れたいと願うこころを、焼きたてのパンのイメージに似ているな、と思ったのだった。

     たんたらたらたんたらたらと
     雨滴が
     痛むあたまにひびくかなしさ

【解釈】たん!………、たん!………と断続して落ちる雨垂れが、その度に頭痛のあたまに響く。家にこもっているしかないので、雨垂れが増幅する頭痛から逃れようもないでいるこの切なさ。

注解】3首目を「転」と考えて、主題、家にこもる。

<ブログをお読みいただくに際してのお願い>

このブログの勘どころは【注解】にあります。いつも【注解】にご注目の上、次の2点を実行してください。

朝日文庫版のテキストに帰って啄木の編集・割付の巧緻を、さらに組版(字体を含む)の妙を味わってください。

【解釈】は【注解】の理解に必要最小限の内容です。【解釈】をほんとうに理解するためには右のマイリストから「石川啄木著『一握の砂』を読む」に行き、「『一握の砂』全歌評釈」の当該歌に当たってください。

« 「我を愛する歌」の研究 31 | トップページ | 「我を愛する歌」の研究 33 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/52055624

この記事へのトラックバック一覧です: 「我を愛する歌」の研究 32:

« 「我を愛する歌」の研究 31 | トップページ | 「我を愛する歌」の研究 33 »