« 幻の啄木歌集「仕事の後」 33 | トップページ | 幻の啄木歌集「仕事の後」 35 »

2011年12月16日 (金)

幻の啄木歌集「仕事の後」 34

啄木も折れて22日の朝、めずらしく早起きして歌を6首ばかり作った。そして興が乗って来たらしい。夜にも作った。

  Yoru, Kindaichi kun to katari, Uta wo tsukuri, 10ji goro mata Kindaichi kun no Heya e itte, tsukutta Uta wo yonde Ô-warai.

翌23日も帰宅してから歌を作り、前年11月に作った1首、今年1月に作った6首および昨日今日作った分を合わせ編集して、「莫復問(ばくふくもん)七十首」と題し、快く寝た。

日記にはこの作業について、こうも記してある。

  Nani ni kagirazu ichi-nichi Hima naku Shigoto wo shita ato no Kokoromochi wa tatôru mono mo naku tanoshii. 

啄木はどんなに斜に構えても、歌が心から好きなのだ。

しかし今は歌どころではない。小説だ。しかもその小説が書けない!

« 幻の啄木歌集「仕事の後」 33 | トップページ | 幻の啄木歌集「仕事の後」 35 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/53464163

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の啄木歌集「仕事の後」 34:

« 幻の啄木歌集「仕事の後」 33 | トップページ | 幻の啄木歌集「仕事の後」 35 »