« 幻の啄木歌集「仕事の後」 40 | トップページ | 謹賀新年 »

2011年12月30日 (金)

幻の啄木歌集「仕事の後」 41

啄木はこの詩論に基づく実作として5編の口語自由詩を、12月12日~20日の間に「心の姿の研究」という総題の下に発表する。

「心の姿」とは、生活の中で刻々に変化する「心持」(=心に感ずるところ)・「感情」を指していよう。

「研究」とはある時ある局面の自己の「心持」・「感情」を考究し、詩の言葉に組み立て、詩にすることであろう。

詩論「弓(ゆみ)(ちやう)より」を論じることは啄木短歌を解説する本稿においては若干脇道に入ることになる。以下の4点を付け加えるにとどめよう。

一、この詩論は、耽美派の詩人木下杢太郎・北原白秋・長田秀雄の3人によって創刊されたパンの会の機関誌「屋上庭園」創刊号(09年10月1日)に触発されて書かれた。したがってこの詩論は啄木の痛切な自己批判であると同時に耽美派の詩人(とくに啄木最高のライバル北原白秋)への批判の文でもある。

二、「心の姿の研究」の口語自由詩等は「屋上庭園」所載の白秋の文語自由詩を十分に意識して作ったのである。啄木の詩稿ノートにある「無題(屋根又屋根、眼界のとゞく限りを)」や「心の姿の研究」中の「夏の街の恐怖」「事ありげな春の夕暮」と白秋の「瞰望」「雑艸園」を読み比べるのは、堪らなく楽しい。(白秋もだまっていない。)若き二大天才詩人の関係をイメージすると俵屋宗達「風神雷神図」が浮かんで来た。

三、この11月から翌年2月までの間は王堂田中喜一のプラグマティズムの影響を色濃く受けており、これが混じっているために、理解しがたい部分がある。この詩論における王堂的なものの腑分けはむずかしい。ここでは指摘にとどめ、別稿を用意したい。

四、この詩論は詩のみならず小説、戯曲にまで応用の出来るものと啄木は考えている。短歌への応用は当然考えていよう。4ヵ月後の啄木調短歌創出の理論的準備にもなっている。

« 幻の啄木歌集「仕事の後」 40 | トップページ | 謹賀新年 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/53557236

この記事へのトラックバック一覧です: 幻の啄木歌集「仕事の後」 41:

« 幻の啄木歌集「仕事の後」 40 | トップページ | 謹賀新年 »