« 『復元啄木新歌集』評 3 大室精一氏 | トップページ | 桜出版から »

2012年2月 4日 (土)

『復元啄木新歌集』評 4 山下多恵子氏

1月26日

 近藤典彦先生

 『復元 啄木新歌集』をご恵送くださり、ありがとうございました。

 とても感じのいい本に仕上がりましたね。ほっとなさったことでしょう。

 ご出版を心からお祝い申し上げます。

 「国際啄木学会研究年報」用の書評、ようやく書き上げました。

 この本の価値を正確に伝えることができたか……いささか心許ないのですが、一生懸命書かせていただきました。

 拙宅も私も、雪に埋もれています。しみじみと春が待たれます。

 4月から週1回、NHK新潟の「朝の随想」というラジオ番組に出演することになりました。

 40年近く続く長寿番組で、通勤の車の中で聴く人が多いようです。半年間(26回)、がんばろうと思います。

 お忙しくお過ごしのことと存じますが、お身体、ご無理なさいませぬよう。

 29日に明治大学で理事会がありますが、そのあとの東京支部会に参加させていただく予定です。

 そのときにお会いできるかしら、と期待しています。

                山下多恵子

 山下多恵子さん:国際啄木学会理事。著書に『海の蠍』『忘れな草』『裸足の女』『啄木と郁雨』、編著に『土に書いた言葉*吉野せいアンソロジー』がある。すべて未知谷刊。

 

« 『復元啄木新歌集』評 3 大室精一氏 | トップページ | 桜出版から »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/53893383

この記事へのトラックバック一覧です: 『復元啄木新歌集』評 4 山下多恵子氏:

« 『復元啄木新歌集』評 3 大室精一氏 | トップページ | 桜出版から »