« 『復元啄木新歌集』評 7 啄木の息-管理者 | トップページ | ブログ中断の久しきにわたり »

2012年2月12日 (日)

『復元啄木新歌集』評 8 上杉省和氏

前略

御編著『復元啄木新歌集』をお送り下さり、誠にありがとうございました。

早速、拝読させていただき、真に国民的詩人の名にふさわしい天才・石川啄木の短歌(三行詩)を心ゆくまで堪能させていただきました。

しかし、それにも増して魅力的な読み物は、先生のお書きになった「解説」でした。

ほぼ百頁に及ぶ分量もさることながら、長年の啄木研究に裏付けられた、重厚にしてスリリングな筆致は、読者をして一気に読ませる迫力に満ちており、凡百の「解説」をはるかにしのぐものでした。

多くのことを学ばせていただきましたことに、心から感謝申し上げます。

厳しい寒さが続き、悪性のインフルエンザも流行とのこと、くれぐれもご自愛下さいますよう。 

とり急ぎ、右御礼まで。早々

       平成二四年一月二八日    上杉省和

上杉省和さん:静岡大学・京都ノートルダム女子大学教授。著書に『有島武郎―人とその小説世界―』(明治書院)『智恵子抄の光と影』(大修館書店)など多数。とくに「文学」(1988年7月号)所載の「美登利の変貌―『たけくらべ』の世界」は「たけくらべ」92年間の誤読を打ち破った真に画期的な名論文。

« 『復元啄木新歌集』評 7 啄木の息-管理者 | トップページ | ブログ中断の久しきにわたり »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/53948734

この記事へのトラックバック一覧です: 『復元啄木新歌集』評 8 上杉省和氏:

« 『復元啄木新歌集』評 7 啄木の息-管理者 | トップページ | ブログ中断の久しきにわたり »