« 『復元啄木新歌集』評 2 池田功氏 | トップページ | 『復元啄木新歌集』評 4 山下多恵子氏 »

2012年2月 2日 (木)

『復元啄木新歌集』評 3 大室精一氏

 昨夜、勤務を終えてから車で60kmを運転して帰宅が11時頃、疲れていたのですが、待望の『復元啄木新歌集』を拝読して、とてもさわやかな気持ちになりました。

 「仕事の後」については、知識不足のために今後勉強しなければと決意したところですが、生れ変った『悲しき玩具』はなるほどなるほどと感動しながら拝読しました。

 今後の『悲しき玩具』論は、この文庫本がすべて基本になるのだ、と実感しています。

 それにしても『一握の砂』に続いての快挙に感銘しています。国際啄木学会東京支部会の当日に、先生のお話が聞けることを楽しみにしています。

 2012年1月25日 大室精一

 大室精一さん:佐野短期大学教授、国際啄木学会理事、国際啄木学会東京支部長。

« 『復元啄木新歌集』評 2 池田功氏 | トップページ | 『復元啄木新歌集』評 4 山下多恵子氏 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/53850449

この記事へのトラックバック一覧です: 『復元啄木新歌集』評 3 大室精一氏:

« 『復元啄木新歌集』評 2 池田功氏 | トップページ | 『復元啄木新歌集』評 4 山下多恵子氏 »