« 石川啄木伝 東京編 その6 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 その8 »

2012年9月30日 (日)

石川啄木伝 東京編 その7

  5月16日「菊池君」は書けず田山花袋の「蒲団」を読んで考えこんでいる。夕方辺りが暗くなっても「洋燈もつける事も忘れて、椅子に凭れて居た」。そしてその時の幻想を記す。
 轟々たる都の響きの只中から、幻が唯一つ花の様に湧いて、近づいて来る、近づいて来る。
  昨日の貞子との情事が啄木を捉えている。
  17日、貞子の家に遊びに行く。貞子の母が「飛び立つ程喜んで迎へてくれた」。貞子はきっと母に啄木が独身だと言ってあるのだろう。歓待されお土産までもらって新詩社へ。
 この日の歌会は与謝野夫妻を含めて17人。正月に連袂退社した吉井勇と北原白秋もやってきた。平出修が7年目で歌を作った。勇、白秋そして晶子、寛らから啄木の歌は大いに刺激を受けることになる。修との本格的な交際の端緒がここに開かれる。
 この日の啄木の1首。
  火の如き少女つと出づ虚なる都の響き轟たる中ゆ
 貞子のことだ。この日も「菊池君」は書けない。
  18日「菊池君”は、余り長くなるので、筆を止めて今日新たに”病院の窓”の稿を起す。釧路の佐藤衣川の性格を書くのだ」と言う。14日に61枚目まで書きその後5枚ほど書いて、とうとう放り出した。そして「病院の窓」を起稿する。
  「病院の窓」の主題は、「肉霊の争ひ胸中に絶ゆる事なく、下り坂一方の生活のために廉恥心なくなり、朝から晩まで不安でゐる人間を描き候」(宮崎郁雨あて、6・8書簡)と、啄木自身が述べているが、「肉」と「霊」の争いという、自然主義の常套的主題が、不意に啄木をとらえ、……「病院の窓」を書かせるに至った心境には、あきらかに植木貞子との情炎が投影している、……
と石井勉次郎は言う。

« 石川啄木伝 東京編 その6 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 その8 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/55769421

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 その7:

« 石川啄木伝 東京編 その6 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 その8 »