« 石川啄木伝 東京編 36 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 38 »

2012年11月30日 (金)

石川啄木伝 東京編 37

 とは言え、『一握の砂』を代表する歌がここに生まれてしまったのである。すこしこの歌にとどまろう。
 この歌の4首あとに
 67、百万の屋根を一度に推しつぶす大いなる足頭上に来る
という歌が作られる。
 啄木が盛岡中学時代に愛読した土井晩翠の第二詩集『暁鐘』(有千閣・佐養書店、1901年5月) に「おほいなる手のかげ」がある。第2連のみを引くが全3連ともに3、4行の詩句は同一である。
 百万の人家みなしづまり
 煩悩のひゞき絶ゆるまよなか
 見あぐる高き空の上に
 おほいなる手の影あり。

 掲出歌には、この詩の影響がはっきりと見て取れる 。「百万の屋根」と「百万の人家」、「大いなる足頭上に」と「上に/おほいなる手」。こうした晩翠の詩句とともに異様なメージが呼び出される。「百万の屋根」といえば当時の東京市が相当するだろう。その東京を「一度に推しつぶす」足! この足ゴジラの比ではない。何百万倍も大きい。
 啄木について「頭が絶えずものすごい高速回転で回っている人です」と言ったのは井上ひさしであるが 、上記の詩句の影響関係は、この夜の啄木の頭脳も1首つくる度にイメージと言葉とを「ものすごい高速回転で」動員していたことを暗示している。
 「東海の小島」歌の場合にも言葉とイメージとが瞬時に総動員されていたであろうことは疑いない。

« 石川啄木伝 東京編 36 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 38 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/56165127

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 37:

« 石川啄木伝 東京編 36 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 38 »