« 石川啄木伝 東京編 50 | トップページ | 謹賀新年 »

2012年12月30日 (日)

石川啄木伝 東京編 51

 7月10日「明星」7月号が届く。「巻頭に予の歌″石破集″と題して百十四首。外に散文詩四編、選歌」と記す。「与謝野氏の直した予の歌は、皆原作より悪い。感情が虚偽になつてゐる。所詮標準が違ふのであらうから仕方がないが、少し気持ちが悪い」とも書く。
 6月24日25日の2夜が歌人啄木のひそやかな誕生だとすれば、「明星」7月号は歌人石川啄木デビューを告げている 。
 さて、「石破集」である。このタイトルはだれがつけたのか。啄木か寛か。「石破」とはなにを意味するのか。
1906年(明39)1月~1908年(明41)7月までの「明星」を見ると、個人の歌の特集で「○○集」というのは、この「石破集」しかない。他は「新詩社詠草」である。ただし05年(明38)7月の「明星」に「涼月集」と題する歌群があるが、その歌群の著者は「石川啄木・せつ子」である。「石破集」は啄木の命名と見てよいであろう。 
 「石破」の意味は? 
 太田登は唐の詩人李賀の「李憑箜篌引」中の句「石破天驚」から取ったとするが 、啄木が李賀を読んだことを示すものは「古詩韻範」のみである。同書巻の四に李賀の「美人梳頭歌」がある。これは読んでいるが、1911年(明44)8月のことである 。それ以前に李賀を読んだことを示す資料はない。太田の着想は今のところまだ根拠を欠く仮説の域を出ない。成句としての「石破天驚」が明治40年代の日本人にどのくらい知られていたのか、という問題もあろう。この考証は残っているが、ここでは別の可能性をさぐる。
 石川正雄が復刻版「暇ナ時」にはさんだ「解説」で説くところが興味深い。

« 石川啄木伝 東京編 50 | トップページ | 謹賀新年 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/56355389

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 51:

« 石川啄木伝 東京編 50 | トップページ | 謹賀新年 »