« 石川啄木伝 東京編 64 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 66 »

2013年1月30日 (水)

石川啄木伝 東京編 65

 7月28日。博文館に乗り込んで、長谷川天渓に直談判したが、「二筋の血」や「天鵞絨」に原稿料を出すわけがない。それにしても天渓がよく原稿を突っ返さなかったものだ。
  矢張小栗氏の居候にならう、それで不可かつたら死なう! これだけの考へしか出なかつた。燻んだ顔をして室に入つて、岩崎君からの手紙を読んでると金田一君。完爾として入つて来て、”主婦が乱暴な事申上げたと云つて頻りにあやまつてました。” !!! 
   宿では金田一君から話してくれたので、今後予に対して決して催促せぬと云つたといふ。友の好意! そして十六円出してこれを宿に払いなさいと!

 少年の石川一が明星のバックナンバーを借りに来て以来のつきあいである。あの時から金田一は啄木の文学の才能と啄木の核心である純粋な心とを信じ続ける。
 それにしても甘ったれの啄木だ。これですっかり元気がでる。郁雨に手紙を書く。
 動あるのみ。これが僕の得た目下の結論だ。君。遂に盲動あるのみだ。真に真面目に考へると、死ぬ外ない。遂に遂に盲動あるのみだ!
 「盲動」とは、売れる小説を書くことを、憑かれたように闇雲に追い求めることだ。
 8月2日。「その人々」を起稿、2枚書いた。札幌の2週間を書くのだという。
 3日5枚目まで書いて投げ出す。
 8月4日与謝野寛から書留と為替5円。その金で蕪村の句集、唐詩選、義太夫本、端唄本二冊買う。
 8月5日。
 十時起床。義太夫本を読む。傾城阿波鳴門巡礼歌の段、涙落ちて雨の如し。物の本をよみて泣けること数年振なり。……
 六時頃相携へて初音亭に娘義太夫をきく。初見えの友昇、寺子屋をかたりて熱心愛すべし。十時帰る。……
 床につきて蕪村句集を読む。唯々驚くに堪へたり。四時の時計をきいて初めて巻を捨て燈を消せり。

 小説は当然書けない。しかし歌会があるので歌はできる。

« 石川啄木伝 東京編 64 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 66 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/56561310

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 65:

« 石川啄木伝 東京編 64 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 66 »