« 石川啄木伝 東京編 107 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 109 »

2013年4月30日 (火)

石川啄木伝 東京編 108

 11月10日 夕方、栗原から原稿料を形に四円借りた。
  八時半頃に遂々出かけた。寒さに肌が粟立つ夜であつた。浅草にも遊び人が少なかつた。苑中は不景気、従つて随分乱暴に袖をひく。
  Kiyoko は金の入歯をした、笑くぼのある女であつた。Masako は風邪気だと言つて、即効紙を額にはつてゐた。――
 妙に肌寒い心地で十二時に帰つた。
   モウ行かぬ。

 Masakoは気に入った女性であったらしい。これで2度目のようだ。翌年1月19日・20日の日記で、さらにローマ字日記で、われわれはこの頃のMasakoにたびたび出会うことになる。
 11月13日の日記。きつい吉井批判が綴られる。
 何の事はなく、予は近頃吉井が憐れでならぬ。それは吉井現在の欠点――何の思想も確信もなく、漫然たる自惚と空想とだけあつて、そして時々現実暴露の痛手が疼く――それを自分自身に偽らうとして、所謂口先の思想を出鱈目に言つて快をとる。――それが嘗て自分にもあつたからであるからかも知れぬ。又、比較的自分が話して快い太田君などを得たからかも知れぬ。
 啄木が吉井の中に認めていると思い、記していることは、今の啄木そのものと言える。吉井が鏡になって、そこに自分が映るのが不快なのだろう。

« 石川啄木伝 東京編 107 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 109 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/57238051

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 108:

« 石川啄木伝 東京編 107 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 109 »