« 石川啄木伝 東京編 122 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 124 »

2013年5月30日 (木)

石川啄木伝 東京編 123

 本郷三丁目まで約1キロ。そこから上野駅前の電車乗り場「ステーシヨン前」まで約1.4キロ。二人手を取り合っての散歩だから、計2.4キロに40分、電車の待ち合わせと浅草(おそらく田原町)まで(約1.6キロ)の乗車時間合わせて15分。以上で約55分ないし1時間。
 ソバ屋に上がったのは8時半ころであろう。
 二本の銚子に予はスツカリ――釧路を去つて以来初めての位――酔つた。九時半、そこを出て、再び手をとり会つて十町許りもあるいた。
  予の心は陶とした!
  唯、陶とした!
  上野から電車、宿まで送つてまた電車で帰つた。羽織の紐の鐶を一つ残した程酔つた。別れる時キツスした。

  ……
  金田一君の室に行つて二十分許り、心のままを語つた!
  ああ、何といふ日であらう!!!

 9時半までの1時間、ソバを食べ銚子2本を飲んだだけの1時間であろうか。5つの「!」は、それだけからでは解せられない。

« 石川啄木伝 東京編 122 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 124 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/57423916

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 123:

« 石川啄木伝 東京編 122 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 124 »