« 石川啄木伝 東京編 156 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 158 »

2013年8月30日 (金)

石川啄木伝 東京編 157

 ところで啄木は前掲の日記に「作家の苦痛」と書いていたのであった。これは主として、小説末尾の叙述を指すのであろう。そこには代用教員時代の夏に小説を書き始め、その努力が全く実らず、自信喪失がその頃から始まった、と書き、ついで自家の洗うがごとき赤貧をすこし書いた。このときに感じた「苦痛」なのであろう。
 27日、平野万里は驚いた。「スバル」の2月号は短歌が六号活字に組まれていたのである。他の脚本・論文・詩・小説等はより大きい五号活字であった。
 万里は創刊号では短歌も五号でゆったりと組んだのであった。
 編集された短歌の数は、創刊号では約550首、計37ページ分。2月号では約370首、計24ページ分である。活字の件も含め短歌はあきらかに継子扱いを受けている。しかも平野がこの号に寄稿したのは1年前に死んだ恋人玉野花子への痛哭の歌々を含む「我妹子」(52首と短詩1編からなる)だったのである。
 万里は仰天し憤懣やるかたなく、平出修のところに訴えに行った。平出は啄木の味方だった。万里は自分の原稿「文字の起源」の余白に「抗議」を入れた。

« 石川啄木伝 東京編 156 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 158 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/57990159

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 157:

« 石川啄木伝 東京編 156 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 158 »