« 石川啄木伝 東京編 171 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 173 »

2013年9月30日 (月)

石川啄木伝 東京編 172

 就職決定を知っても、節子の手紙は無い。代わりに郁雨から「久振の手紙」があった。内容は母カツに関する事情を記したものらしい。他方で母はすぐにでも「一人上京する」という。函館では節子とカツの間に繕いようのない対立が生じ、カツは函館に一日もいたくないと思い極めているらしい。
 以下は先の日記のつづきである。
 二十円の為替を受取つて三秀舎まで歩いて行つた、中西屋でオスカーワイルド論(アート エンド モーラリチー)を三円半に買つた! 何年の間本をかはぬ者の、あはれなる、あはれなる無謀だ! ……
 今日はパンの会なので先にゆく、――両国へついたのは五時半だつた、誰も来てゐない、やがて太田が来、石井柏亭君が来、山本鼎君が来た、そして飲み且つくらひ、且つ語つた、そして九時半にそこを出て小雨の中を電車で浅草に行つたが、活動写真はもうハネてゐた、そして四人奥山の第三やまとでビールをのんだ、
 そして帰りに四丁目で太田と二人スシを食つた、今日は太田と二人前はらつたのだ。
 十二円五十銭許りしか残つてなかつた、
 北原からハガキ、明日九時までに鈴木氏も来るから来いとのこと、

« 石川啄木伝 東京編 171 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 173 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/58232065

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 172:

« 石川啄木伝 東京編 171 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 173 »