« 石川啄木伝 東京編 187 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 189 »

2013年11月 2日 (土)

石川啄木伝 東京編 188

 

……あゝ三月も末だ、そしてアテにしてゐた大学館がはづれて、一文なしの月末!
 4月3日、啄木に敗残の現実を否応なく映し出す鏡が届いた。北原白秋の絢爛たる第一詩集『邪宗門』(易風社)である。そしてこのときから日記はローマ字表記となる 。
   Kitahara-kun no Oba-san ga kita. Sosite kare no Sin-Shishu “Jashumon”  wo 1satu moratta.
   Densha-tin ga nainode Sha wo yasumu. Yoru 2ji made “Jashumon” wo yonda. Utukusii, sosite Tokushoku no aru Hon da. Kitahara wa Kohukuna Hito da !

  Boku mo nandaka Si wo kakitai-yo na Kokotomoti ni natte neta.
 4日、白山御殿の木下杢太郎を訪ねて1円借り、通勤電車代を確保。
 6日、白秋に『邪宗門』の感想を書き送った。その内容は日記によると以下のようである。
   “Jashumon”niwa mattaku atarasii futatu no Tokucho ga aru: sono hitotu wa “Jashumon” to yu Kotoba no yusuru Renso to itta yo na mon de, mo-hitotu wa kono Sishu ni afurete iru atarasii Kankaku to Jocho da. Sosite, Zensha wa Shijin Hakusyu wo kaisuru ni mottomo hituyo na Tokushoku de, Kosha wa Kongo no atarasii Si no Kiso to naru-beki mono da. ………

« 石川啄木伝 東京編 187 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 189 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/58492696

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 188:

« 石川啄木伝 東京編 187 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 189 »