« 石川啄木伝 東京編 212 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 214 »

2013年12月22日 (日)

石川啄木伝 東京編 213

 4月13日
 暁を覚えぬ春眠をむさぼっていると、老母からの手紙が。
 “Kono aida Miyazaki sama ni okurareshi O-tegami de wa, nan to mo yorokobi ori, Konnichi ka Konnichi ka to machi ori(今日か今日かと待ち居り), haya Shi-gwatu(4月) ni nari mashita.  Ima made oyobanai Mori[なれない子守り] ya Makanai itashi ori, Hi ni mashi Kyoko ogari[日に日に京子が成長し], Watakushi no Chikara de kaderu koto[お守りすること] oyobi kanemasu.  Sochira e yobu koto wa deki masenka ?  Zehi on-shirase kunasare[下され]taku negaimasu.  Kono aida, 6ka 7ka no Kaze Ame tuyoku, Uchi ni Ame mori(雨漏り), oru tokoro naku, Kanashimi ni, Kyoko oboi [背負い]tachikurashi, nan no Aware na koto (to) omoimasu.  Shi-gwatsu 2ka yori Kyoko Kaze wo hiki, imada naorazu.  (Setsuko wa)Asa 8ji de、5ji ka 6(ji) ka made kaerazu.  Okkasan to nakare, nan to mo komari masu.  Sore ni Ima wa Kodzukai nashi.  Iti-yen de mo yoroshiku soro[候]: nan to ka hayaku okuri kunasare taku[送りくだされたく] negaimasu.  Omae no Tsugo wa nan-nichi goro yobi kudasaru ka ?  Zehi shirasete kure yo.  Henji naki to(ki) wa kochira shimai, mina mairi masu kara sono Shitaku nasare mase.  Hakodate ni orare masen kara, kore dake moshi age mairase soro.  Kashiko.
        Shigwatsu 9ka.      Katsu yori.
    Ishikawa sama. ”

 この手紙を野口英世の母の手紙と好一対といった人がいる 。たしかにそうだ。ただし、かの手紙は、まばゆいばかりの出世をして、故郷に錦をかざる息子を狂喜して心待ちする母の手紙だ。この手紙は、英世に肩をならべる天才ながら、今は生涯最大の修羅場に苦悶する青年詩人にすがりつく老母の手紙だ。

« 石川啄木伝 東京編 212 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 214 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/58795134

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 213:

« 石川啄木伝 東京編 212 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 214 »