« 石川啄木伝 東京編 216 | トップページ | 謹賀新年 »

2013年12月30日 (月)

石川啄木伝 東京編 217

 4月14日
 小説を書くため、という口実で自らの気のとがめを封じて、社には病気による欠勤届を出す。
 「Ho」というのを書き出すが途中でその題を「木馬」とする。2週間ぶりに書きはじめたのだ。しかしこれは母の手紙のインパクトによるもので、内部から興が湧いて書きはじめたものではない。
 貸本屋のもってきた春本『花の朧夜(おぼろよ)』『情(なさけ)の虎の巻』2冊を借り、『朧夜』の方を3時間もかけて筆写する。
 わたくしの所持する『春情花の朧夜』は岡田甫編「昭和参拾年九月拾日」美和書店発行のものであるが、これによると、オリジナルは江戸末期の作。非常に売れたらしく、明治の版本もあったとのこと。
 啄木が会社を休んでシコシコと筆写しているのは、ふんだんに出てくるセックス描写の部分であろうか、全文であろうか。若い単身の男には過剰の刺激があふれている。
 夜は金田一の部屋で中島孤島、内山舜という文学者を会い、話をする。中島は春陽堂の「新小説」によくものを書いており、啄木になにがしかの影響をあたえることになる人だ。
  “Mokuba” wo 3mai kaite neta. Setsu-ko ga koishikatta. …… “Hana no Oboro-yo wo yonda tame da ! ”

« 石川啄木伝 東京編 216 | トップページ | 謹賀新年 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/58798997

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 217:

« 石川啄木伝 東京編 216 | トップページ | 謹賀新年 »