« 石川啄木伝 東京編 228 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 230 »

2014年1月24日 (金)

石川啄木伝 東京編 229

 4月22日、23日
 この2日間は「スバル」のための歌を作ってすごす。つとめに出たのこりの時間が2日分あれば、「莫復問(ばくふくもん)七十首」にまとめ上げるのなど簡単なことだ。
  Yo ga jiyu-jizai ni Kushi(駆使)suru koto no dekiru no wa Uta bakari ka to omo(思う)  to ii Kokoromochi de wa nai.
 啄木という歌の天才は精神にかかる抑圧が大きいほど、歌が豊かに湧き起こるという特徴があること、すでに見た。そして歌作がストレス解消になることも。したがって歌作に集中したこの2日間の記述は楽しそうである。
 Nani ni kagirazu ichi-nichi Hima naku Shigoto wo shita ato no Kokoromochi wa tatoru(例うる) mono mo naku tanoshii.   Jinsei no Shin no fukai Imi wa kedashi Koko ni aru no daro !

« 石川啄木伝 東京編 228 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 230 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/58999772

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 229:

« 石川啄木伝 東京編 228 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 230 »