« 石川啄木伝 東京編 232 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 234 »

2014年2月 2日 (日)

石川啄木伝 東京編 233

 社から帰って飯を食っていると金田一がやはり勉強したくないといって部屋に入ってくる。昨日の吉原見物とその後の啄木のきわどい話で、刺激を受けすぎた金田一は勉強も手につかない。
 啄木には渡りに舟だ。「Konya dake asobo !」
 八時頃下宿を出る。ふたりは言わず語らずのうちに浅草に行く。活動写真を見るが、興がのらないので(それは当然だ)間もなく千束町をあるき、「新松緑(しんまつみどり)」というところに入る。今夜はたのしくすごせるか?
 その店にたま子という女がいる。美しくて品のある女だ。
 Sono Onna ga shikiri ni sono Kyogu ni tsuite no Fuhei to Okami no hidoi koto to, Jibun no Mi no ue to wo katatta. Yo wa Kabe ni kakete aru Samisen(三味線) no Ito wo Tsume de hajiki, hate wa sore wo tori oroshite odoketa Mane wo shita.  Naze sonna Mane wo shita ka ?  Yo wa ukarete ita no ka ?
    Ina !  Yo wa nan to yu koto mo naku waga Mi no Okidokoro ga Sekai-ju ni nakunattta yo na Kimochi ni osowarette ita. “ Atama ga itai kara Konya dake asobo ! ” Sore wa Uso ni chigai nai.  Sonnara nani wo Yo wa motomete ita ro ?  Onna no Niku ka ?  Sake ka ?  Osoraku so dewa nai !  Sonnara nani ka ? Jibun ni mo wakaranu !

« 石川啄木伝 東京編 232 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 234 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/59048172

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 233:

« 石川啄木伝 東京編 232 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 234 »