« 石川啄木伝 東京編 238 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 240 »

2014年2月14日 (金)

石川啄木伝 東京編 239

 5月1日
 Gozen wa “ Rudin. 浮草. ”wo yonde kurashita.  Ah ! Rudin !  Rudin no Seikaku ni tsuite kangaeru koto wa, sunahachi(すなわち) Yo-jishin ga kono Yo(世) ni nani mo okoshi enu Otoko de aru to yu koto wo Shomei suru koto de aru …………
 だから、きっと、「ルージンの性格について考えることは」中途でやめたことであろう。しかし啄木はルージンと自分の共通性を半端であれ、口に上せるまでになった。
 社では「佐藤氏」は欠勤だった。しかし、
  Zenshaku wa Shubi yoku itte 25 yen karita.  Kongetsu wa kore de mo toru tokoro ga nai.  Sengetsu no Tabako-dai 160 sen haratta.
 それでも23円ある。昨夜金田一が2円50銭貸してくれているから、25円以上もある。常識人なら、この25円を来月家族を迎えるための資金の核にしようとするだろう。たとえ少額でも核にはなりうる。

« 石川啄木伝 東京編 238 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 240 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/59111220

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 239:

« 石川啄木伝 東京編 238 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 240 »