« 石川啄木伝 東京編 291 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 293 »

2014年10月30日 (木)

石川啄木伝 東京編 292

 7月1日からは会社勤めをはじめた(あたりまえだが)。その日の東京朝日新聞には夏目漱石の新連載小説「それから」の第5回目が載っていた。その校正は以後啄木が主として担当することになったであろう。漱石の原稿には独特の癖があり、これを読み・校正するには啄木が最適だったであろうから。
  連載が進むにつれて啄木は妙な気になったに違いない。主人公代助、親友平岡とその妻三千代。代助は三年前三千代を愛していたのに自分の心を偽って平岡との結婚を周旋した。平岡は新妻の三千代を伴って地方の銀行に就職し新婚生活をそちらで送った。平岡はそこでの生活に失敗し、夫婦は東京に戻ってきた。平岡は荒んでいた。上京しても就職口はなかなか見つからず、外に酒と女を求め、妻にはつらく当たり、生活費もろくに渡さなかった(なんだか啄木と節子に似てきた)。代助の三千代への同情は愛に変わりはじめ、三千代も代助への愛を復活させてゆく(節子と郁雨に似てきた)。
 啄木はおそらく平岡に自分を見ていたに違いない。それは夫としての自分の反省を促したはずである。また節子・郁雨への疑惑が重なってくるのをもてあましたことであろう。

« 石川啄木伝 東京編 291 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 293 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/60517094

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 292:

« 石川啄木伝 東京編 291 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 293 »