« 石川啄木伝 東京編 306 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 308 »

2014年11月30日 (日)

石川啄木伝 東京編 307

 啄木小説に特有の冗長さは消え、構想はよく練られていて、緻密である。「五十銭銀貨」という仕掛けには啄木らしい機知が閃いている。その上この「五十銭銀貨」には啄木の金銭感覚の変化・その日常生活への接近が見られる。
 どうやら啄木は小説書きの骨法を会得したようである。
 7月5日の書簡から「葉書」執筆まで、その間は2か月半くらいであろうか。啄木は変わった。
 函館で修復不可能になった節子とカツつまり嫁姑の確執も啄木には自己批判のテコの一つではあったであろう。
 扶養家族のいる日常生活も生業の大切さを学ばせたであろう。東京朝日新聞社には池辺三山・佐藤北江・渋川玄耳・杉村楚人冠・弓削田精一等々すぐれた先輩記者はいくらでもいる。今の「作家啄木」など足下にも及ばない大作家夏目漱石も朝日の社員だ。田舎の新聞にいたときのように鳥無き里の蝙蝠でいられる余地はない。
 かくて、節子の「批判」と相まって、さまざまな要因が働き、父一禎由来の弱点を克服していったのだと思われる。

« 石川啄木伝 東京編 306 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 308 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/60697673

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 307:

« 石川啄木伝 東京編 306 | トップページ | 石川啄木伝 東京編 308 »