« 石川啄木伝 東京編 320 | トップページ | 迎春 »

2014年12月30日 (火)

石川啄木伝 東京編 321

 10月10日盛岡高等小学校時代の恩師・現在岩手日報客員の新渡戸仙岳宛に啄木は手紙を書いた。この手紙は岩手日報に掲載させてもらった「百回通信」の稿料振り込みへのお礼からはじまっていて、それから妻家出の事情、家出直後の自分の苦悩を記してゆく。  
 以下は先に引いた部分「……殺さんとまで思ひ候ひき。」のつづきである。
  昨夕に至り、先生のお手紙と同便にて返事参り候。病気がなほつたら帰ると言つてまゐり候。
 金田一の手紙と啄木自身の手紙(それに父堀合忠操の説得?)等によって、節子は帰宅を決心したらしい。この決心は意外に早くなされ、啄木はひと安堵したことであろう。
 つづく。
  弱るには非常に弱つてをり候へど、行く二三日前から顔色などは殆んど健康体の如かりし筈。無理な言分かも知れず候へ共、娘を貧乏させたくなさの先方の親達の心が、更に何日何十日この私にかゝる思ひをさせる積りにかなど怨まれ候。
 「行く二三日前から顔色」がよかったのは実家に帰る見通しが立ったからではないか。「先方の親達の心」は娘を姑との確執から少しでも長く解放してやりたいのであって「貧乏」の方は二の次であろう。もっとも結婚以来約四年間ひどい貧乏をさせたものだ。啄木の切ないが虫のいい怨みの向こうに見えるのは、堀合家との今後の確執である。
  過去一年間の全く一切の理想を失へる生活より、漸々この頃心を取り直してこの身のつゞく限りは働かむと思立ちたる折も折の此打撃に御座候。
  「一年」前と言えば、去年の11月1日はじめて塔下苑で女を買い、掏摸に金をすられた日だ。

« 石川啄木伝 東京編 320 | トップページ | 迎春 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/533861/60855014

この記事へのトラックバック一覧です: 石川啄木伝 東京編 321:

« 石川啄木伝 東京編 320 | トップページ | 迎春 »