« 石川啄木伝 東京編 1910年(明治43)その15 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その17 »

2020年1月19日 (日)

石川啄木伝 東京編 1910年(明治43)その16

 小川はさらに「妻に対する不信と疑惑」は「道」に近接して書
かれた小説断片「信者の家」の小学教師の妻や「我らの一団と彼」
の高橋の妻の、性的醜聞としても書かれていると指摘する。
 かくて「道」は妻節子が夫である自分以外の男性(現実には宮
崎郁雨)と性的関係を持ちうる女性であるのか、という問題をも
孕んでいるのである。
 多吉と松子のきわどい会話は「眇目(かため)の教師」××と女教
師山屋の問題に転じ、あのふたりはやはり性的関係があるのでは
ないか、郡視学に密告したのは雀部ではないかというところへ
落ち着いて行く。
 五〇歳くらいの××とおそらくまだ二〇代と思われる独身女性
山屋との関係は、老人の性の問題であるとともに若い女性の性の
問題でもあり、こちらは松子のひいては節子の性の問題に連関し
ている。
 さて、近道に失敗した三人の「老人たち」があらぬ方向からへ
とへとになってふたりに追いついてくる。
 最後の数行はこうである。
  水の音だけがさらさら聞えた。
「己はまだ二十二だ。――さうだ、たつた二十二なのだ。」多
吉は何の事ともつかずに、そう心の中に思つて見た。
 そして巻煙草に火を点けて、濃くなりまさる暗(やみ)の中にぽか
りぽかりと光らし初めた。
 松子はそれを、隣りの石から凝(じつ)と見つめてゐた。
 「道」の幾人かの登場人物の芯に石川家の二人があることはす
でに見た。目賀田・眇目(かため)の教師××・校長の中に一禎が、
松子・山屋の中に節子が浮かんでくるのであった。では多吉の芯
にはどんな啄木がいるのか。父に批判的な啄木、妻に疑惑を抱く
啄木がいた。そして末尾の数行の多吉には、どんな啄木がいるのか。
 若さをたよりに一家を養いつつ、自身の進路を模索する啄木を見
るべきであろう。
 「濃くなりまさる暗(やみ)の中にぽかりぽかりと光」る巻煙草の火は
多吉の心中の表現である。それを「凝(じつ)と見つめ」る松子のなか
に啄木家の誰の何を見るべきか。小川の「騎馬の巡査」の考察が
貴重なヒントになる。本稿「その2」に「父も母も妻も子も今は皆
私の許にまゐりました、私は私の全時間をあげて(殆んど)この一
家の生活を先づ何より先にモツト安易にするだけの金をとる為に働
いてゐます、」云々を含む啄木書簡を引いておいた。凝視する松子
の目は、夫啄木の自己変革がどれだけのものであるのか、若い夫は
今後どこに向かおうとしているのかを見極めようとする若い節子の
目なのであろう。

 

 

« 石川啄木伝 東京編 1910年(明治43)その15 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その17 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川啄木伝 東京編 1910年(明治43)その15 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その17 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック