« 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その88 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その90 »

2020年4月 7日 (火)

石川啄木伝東京編1910年(明治43)その89

 ここにも秋水の影を見ることができる。たとえば「B――
の家から破門された時が一番得意な時代だつた」は「万朝
報」社を出て平民社の旗揚げをしたときが一番得意な時代
だつたと、「其の夢が段々毀れて来たんで、止せば可いの
に第二の夢を見始めた」は社会主義の夢がこわれて来たん
で無政府主義の夢を見始めたと、「日本画から出て油画に
行つた」は自由民権運動から出て社会主義・無政府主義に
行ったと、という具合に読替えが可能である。
 つづく「」=亀山の感懐がきわめて重要である。
 聞きながら私は妙な気持に捉はれてゐた。眼はひたと対
手の顔に注ぎながら、心では、健康な高橋と死にかゝつて
ゐる肺病患者の話してゐる様を思つてゐた。額に脂汗を浸
ませて、咳入る度に頬を紅くしながら、激した調子で話し
てゐる病人の衰へた顔が、まざまざと見える様だつた。そ
して、それをじろじろ眺めながらふんふんと言つて臥転
(ねころ)でゐる高橋が、何がなしに残酷な男のやうに思
れた。ここの高橋に「私」は何を見ているのか。悪戦苦闘
する 人間に対して理解者を装う傍観者とその残酷さ、を見
ているのである。三章で高橋は「野心」実現のために「
分で機会を作り出して、其の機会を極力利用」しようとす
る社会革命家を持ち出し、自分には「従頭(てんで)そんな気
は起こらないと言う。そのくせかれらのやることに「時代の
推移を」見、かれらの起こした事件に対しては傍観を以てし
さうして毎日、自分の結論の間違ひで無い証拠を得ては、
独りで安心して」いるのであった。そのときの「」は「高橋
の見てゐる世の中の広さと深さに」ある種の敬意を抱いて
いたのである。ところが四章のここでは高橋の傍観は残酷
な傍観だという。傍観の対象の相違をとりあえず措くと、
高橋の傍観に一種の敬意を表していた「」は傍観の批判
者に転じているのである。
 つづきを見よう。

« 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その88 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その90 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その88 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その90 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック