« 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その168 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その170 »

2020年7月 4日 (土)

石川啄木伝東京編1910年(明治43)その169

 たとえば岩城之徳『啄木歌集全歌評釈』(筑摩書房、1985
年)の「歌集解題」を引いてみよう。岩城はこの「見本刷」
を校正刷りと解している。
 歌集『一握の砂』の校正刷が出始めたのは、それよりま
もない十月二十九日の夜のことであったが、この日は生後
わずか二十四日でこの世を去った長男真一の葬儀の日であ
った。啄木はこの夭折した愛児の死を悼んで、挽歌八首を
追加して五百五十一首とした。
 こうしてこれまでだれもが29日に校正が始まりその時に
挽歌8首が追加されたと思いこんできた。しかし手紙の文
脈をあらためてたどると「見本組」は歌集本文ページにお
ける歌の組み方見本の意味である。この歌集は従来の歌集
とはおもむきを異にし、詩集に近い。啄木は書簡のここでは
前述のごとく、ページの紙の質から表紙の紙質・色、製本上
の注意、表紙絵、カバーにいたるまで詳細に指示を出して
いる。わけても神経をつかったのが一ページ二首の組み方
であろう。どの大きさのページのどの位置に1首目を組み、
2首目はどこに組むか、活字の大きさ・書体はなにがいい
か。字間・行間はどの組み方がベストか。こうしたことは
この歌集編集上の眼目の内である。そしてこれらについて
はすでに具体的に指定してあったことも文中にうかがいう
る。ところが西村はこの組み方をしながらも、四六判とは
ちがう判型を提案してきたらしい。啄木はそれにたいし、
やはり「四六版ニテ竪五分許り短カキ」にすると言い、
その判型にすれば歌の組み方はこの見本どおりでよい、
としている。

« 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その168 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その170 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その168 | トップページ | 石川啄木伝東京編1910年(明治43)その170 »

無料ブログはココログ

最近のトラックバック